医院経営の「過去・現在・未来」の実務をサポートしてくれる頼もしいパートナーです

Mr_ando-2

医療法人社団 Y&Y オリーブ歯科 安藤 如規先生
東京都品川区ご開業
チェア14台 スタッフ25名
Mr.歯科事務長 訪問回数 5回/月
http://www.olive-dc.com/

友人からの評判を聞いて「Mr.歯科事務長」にお願いすることにしました。

当院では、移転後に急成長し、スタッフや患者数が増えたため、 それにともなう、事務タスクや雑用、院内の調整毎も増えてきました。

机の上やキャビネットの中には、 「いつか処理しなければいけない仕事」がたまってゆくばかりだったので、 まずは「過去の仕事」として、 テナント管理上の手続きや人事関連の書類整理、行政関連の積み残しタスクを処理してもらい、気持ちの上でもスッキリとしました。

その次には「現在の仕事」として、 月次の経営データの集計や分析、会計士への提出書類、 スタッフの入退職時の手続きなど、 院長のルーティン業務を移行することで、事務的な負担を減らすことができました。

現在は「未来の仕事」として、 医院の戦略課題(たとえば日曜診療を始めるための体制作りや院内調整等)の実現について、実務への落とし込みを担当してもらっています。

それ以外に大きなメリットを感じているのは、 組織運営や人事マネジメントのサポートです。 院長とスタッフは毎日、日常業務で接しているため、 ある面では馴れ合いになったり、議論が感情的になったりすることがあります。

第三者として事務長がいることで、 院長の声を「ボイスチェンジ」し、客観的な立場から伝えてくれたり、 面談の際に、院長に伝えずらいこと、また院長から伝えずらいことなど、 クッションに入ってもらうことができるようになりました。

このクッションが一つあることで、スタッフマネジメント歯科医師や歯科衛生士の採用活動も二枚構造となり、 人事面でのオペレーションの失敗が少なくなったと実感しています。 これは、院長にとっても、スタッフにとってもメリットがあると感じています。

費用面で迷っている友人もいましたが、 仕事スキルや業界知識のない段階から育てる時間を考えると、 ある程度ざくっと仕事を依頼しただけで理解してくれるので、 忙しい院長にはメリットがあるサービスだとおススメしました。

法人化を機に、事務長業務をアウトソーシングしました

mr_takamine

ナオデンタルクリニック 高峰 直努先生
東京都江東区ご開業 チェア8台 スタッフ12名
Mr.歯科事務長 訪問回数 4回/月

http://www.nao-dental.com/

法人化する際に、できるだけ業務は専門家に委託しようと考え、会計士・社労士・FPなど外部のパートナーを利用することにしました。

しかし、どうしても院内でオペレーションしなければいけないことが多く、業務が滞りがちになっていた時に、このようなサービスがあることを知り、話を聞いてみることにしました。

最初は、新人Dr.よりも費用が高いため「それだけの価値が本当にあるのか?」と躊躇しましたが、お願いして1ヵ月でメリットを感じました。

まずは、いままで滞っていた仕事、気になっていた仕事がスムーズに進むようになった点にメリットを感じています。

例えば、院内のリニューアルや機器の入れ替えの際の調査や業者との調整。ホームページのコンテンツ充実、売掛金の催促、歯科医師や歯科衛生士の採用活動サポート、スタッフとのミーティングの事前準備ととりまとめなど、どうしても自分で管理しきれなかった部分を任せることができるようになり、正直「楽」になりました。

また、課題や今後の展開について、いい相談相手になってくれる点もメリットです。

自分が考えている点を補足するような案を出してくれたり、弱気に考えている時には背中を押してくれたりなど、他の医院との比較を通じた客観的な立場から意見を言ってくれるのは、とても心地よいと感じています。

院長以外はほとんど女性スタッフで運営している歯科医院にとって、心強いサービスだと思います。

私とMr.歯科事務長は最高のバッテリーです!

mr_aoyama-2

青山デンタルクリニック 青山 大樹先生
神奈川県小田原市ご開業 チェア8台 スタッフ18名
Mr.歯科事務長訪問回数 3回/月

http://aoyama-dental-clinic.kamu-come.com/

歯科医師として、医院経営者としてどちらも当然院長がその先頭に立ち日々仕事をしています。医院の成長過程で、院長はみな悩み、模索しながらある意味孤独なものです。

Mr.歯科事務長はそんな院長の仕事における良き女房役を努めてくれています。

特に当院においては、直接的に治療、売上げに関わること以外の業務で、アイデアを形にしていきたいことが山ほどあります。
パンフレット、リーフレット、自費メニュー、オリジナルツール、なども口頭での打ち合わせでも、私のイメージどうりに仕上げてくれます。
多くの医院と関わりをもち、歯科に精通した事務長だからこその仕事力を高く感じています。

煩雑化してくる院内LANシステムの把握やトラブル対応、PCでの顧客情報管理、HP、メルマガ、メーリングリスト等の管理といったITサポートも複数の取引会社様の間に入ってやってくれます。

院長がしなくてもよいことを担ってくれるので私の時間も節約でき、無駄な外注も控えられるようになりました。

ブレインとしても、訪問時は私の考えていること、医院の目標などをじっくり傾聴してくれるので、取り組むべき課題や未来への方向性をその場で共有することができます。コーチングを受けている感覚です。

「緊急で重要な事」はもちろん、「緊急でないけど重要な事」を確実にカタチや結果に結びつけてくれるので、月2回のサポートでも大変満足しています。

実は、院長のパートナーであるMr歯科事務長は医院スタッフにとっても、とても頼りになる存在のようです。
院内イベントでは、写真撮影やムービー作成までお願いできました。
院長から任された仕事で困っていることのアドバイスからサポート。そして雑務やPCスキルの伝授そしてプロジェクトのサポートなど、スタッフの仕事力を上げる縁の下の力持ちになっているようです。

医院を成長させたいと考えている院長、医院にとって、このMr.事務長が役に立たないということはまずあり得ないでしょう。
すぐに実感することと思います。

そこに居る安心感 心強い経営参謀

kanazawasensei

平和歯科クリニック 金澤 徳幸先生
北海道札幌市ご開業 チェア6台 スタッフ20名
Mr.歯科事務長訪問回数 4回/月

http://heiwa-shika.com/

開業して5年。日々走り続けて、少しずつ医院の業績も伸びてきました。しかし、それと比例して、自分の時間がどんどんとなくなっていきました。目標に向かってその先へ進むためには、自分一人の力では限界を感じていたのです。

○コンサルタントに依頼しよう!
→でも、天邪鬼の自分は、外部からあれこれ言われたくない(笑)
○仕組みが大切だ!
→アイデアがあっても、形にする時間が全然ない(泣)
こうして、手詰まり感いっぱいで、不安だけがどんどん募る中、出逢ったのが『Mr.歯科事務長』のサービスでした。

僕が一番「これだ!」と思ったのは、『事務長の対応できる範囲が幅広いこと』でした。白川さんは多種多様な要望に応えることが出来るのです。
僕の場合は、『想いを形にしてくれる伴走者』、『経営力を強化する経営参謀』としての事務長を求めていたのですが、白川さんは、正に適した人物で、押し付けること無く、僕の想いをしっかり聞いてくれた上で、依頼したことを形にしてくれています。

2016年一年で、『就業規則の見直し』、『HP全面リニューアル』、『採用強化』という大きなテーマを形にすることができました。特に『採用』については、歯科衛生士2名、受付1名を過去一番早く採用することができ、内定をだすことができました。非常に安心・満足しています。
また、これらの業務を進めるにあたり、外部(社労士、会計事務所担当者、歯科衛生士専門学校など)との連絡も密に、素早く取ってくれるので大いに助かりました。(自分が非常に苦手な項目なのです)
もちろん、他の細かい依頼にも随時応えてくれます。「オススメの書籍を教えてほしい」、「マナー講習を受けたい」、「スタッフ向けに医院経営について話しをしてほしい」。時には「プリンターが壊れた」ということも解決してくれます。

今では、僕だけでなく、当院スタッフも『困ったら、事務長に聞いてみよう!』と口にする程です。
さらには、事務長とのミーティングにおいて、「今後、どうしていきたいのか」をたっぷり聞いてもらい、自分で再確認するという『コーチ』的な役割もしてもらっています。
『理念やビジョンのもと、やりたいことがいっぱいあるのに時間が無い。』そのような院長先生には不可欠なサービスだと思います。

『医院の発展のために良いものを積極的にどんどん取り入れたい!』そんな先生にとって、Mr.歯科事務長サービスは心強い味方になってくれることと思います

三好先生

医療法人社団 白優会 三好プリベント歯科  三好 弘祐先生
北海道札幌市ご開業 チェア8台 スタッフ19名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月

http://www.mpd1122.com/

どんな理念をもって歯科医院を経営するかにより、歯科事務長さんとのかかわり方は変わってくると思います。
私は、Mr.歯科事務長サービスを通じて、全国的なネットワークのあるMOCAL社から得られる情報と、担当事務長である白川さんが持つ経験・知識・情報を得られ、医院経営に活かせることに価値があると感じています。どんなに理念やビジョンを持っていても不安になることはあります。

自分が考えていることや目指していることの方向性が、「世の中のニーズとズレていないか?」「自分の独りよがりになっていないか?」
ということは常に頭の中にあり、それを確認する材料として、自分とは異なる視点から意見を頂けることがとても有難いと思っています。

『医院の発展のために良いものを積極的にどんどん取り入れたい!』そんな先生にとって、Mr.歯科事務長サービスは、心強い味方になってくれることと思います。

まだまだ理想や目標があるのであれば、事務長の設置はかなり大きな力になることは間違いありません

椎名先生写真

医療法人統鶴会スマイルデンタルクリニック 椎名 康雅先生
千葉県船橋市ご開業 チェア9台+8台 スタッフ約40名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月

http://www.smile-dental-clinic.com/index.html

当院では、主にマーケティングと人事関連でのサポートで活用しています。

分院である小児歯科の立ち上げ時には、WEB関連のマーケティングはもちろんのこと、近隣の保育園や産婦人科への告知活動をしてもらいました。
現在は、矯正の集患を、専門業者と一緒に進めてもらっています。

また当院には専任の事務長もいますが、人事関連では、給料や労務、人間関係のデリケートな部分などを担当してもらっています。
この部分こそ、アウトソーシングの強みの一つだと感じています。

代表である今野さんとは前職時代からのお付き合いで、人間的に信頼できますし、こうしたサービスを選ぶ際には、やはり「人」と「人」という視点が大事だと感じています。

今野さんは、僕が1つ上にあがれるかどうかっという時に、必ず助けてくれます。

まだまだ理想や目標があるのであれば、事務長の設置はかなり大きな力になることは間違いありません。

「事務長の価値は自分の思い、未来予想図を具体的に形にしてくれるところ」だと言えます。スタッフが15人を超えたら週1でも事務長を雇うべき!

ウニクス岩松晃弘先生

ウニクス成田歯科 岩松 晃弘先生
千葉県成田市ご開業 チェア8台 スタッフ約18名
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

http://www.unicus-dental.com/

◆導入のきっかけや理由
一つは、規模が大きくなる中で診療以外の仕事が滞っていたことが一つ、(スタッフ面談や採用業務、HPリニューアル、院内掲示物の整備など)
もう一つは、分院立ち上げが今後の構想の中にあり、そのためにはマネジメントや、分院立ち上げの際の実務面で事務長が必ず必要だと思ったことが大きな導入の理由です。
とはいえ専属事務長を雇うのも難しいので、アウトソーシングに委託してみようと思いました。

◆導入前に迷ったこと
もちろん初めてのサービスですので、月4回訪問で何ができるのか、どこまでできるのか、といった漠然とした不安は正直ありました。

◆導入後の感想
当院では月1回のコンサルタントも入っていますが、コンサルタントと違って月4回来てもらえるので、事務長がくるその4回の日に集中して医院にとって大事な第二領域のことを一緒に考えたり、進めるための時間が取れたことが何より大きいです。
また当院ではスタッフ面談で、スタッフの状況把握や意見の吸い上げをやってもらっていますが、経営者視点をきちんと考慮しつつ院長とスタッフ間の中立としてのバランスを保ちながらやってもらっています。

良く聞く話ですが、専属事務長の場合得てしてスタッフ側の意見に傾倒しはじめ、事務長の存在が逆効果に働くこともありますが、
院長視点、経営者視点を理解してくれながら進めてくれる点は、アウトソーシングの大きなメリットだと感じています。

中立という意味では、やはり医院を客観的に見てもらえるので、出来ていないところ、課題点をピックアップしてもらえることも大きいです。時には耳が痛い?ことも言われることがありますが、医院が成長するために必要なことと捉えています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
これまでコンサルタントを雇った方はいらっしゃるかもしれませんが、事務長サービスはこれまで使ったたことがない方が多数だと思いますので最初は不安だと思います。

コンサルは今後の道筋をつけてくれますし、ノウハウは提供してくれるので、その点の価値はありますが、実際にそれらを自医院に落とし込めるかどうかは院長やスタッフの力量次第ということがどうしてもあります。

しかし事務長がいることで、ツールやノウハウを実際に形にして自医院に落とし込んでくれるので、言わば「事務長の価値は自分の思い、未来予想図を具体的に形にしてくれるところ」だと言えます。スタッフが15人を超えたら週1でも事務長を雇うべき!ですね。

車を買い替えるのを少し待って、まずは1年間やってみてはいかがでしょうか?

この事務長サービスは、専属事務長とは次元の違うサービス。どちらかといえば、より身近なコンサルタントのような存在だと思います。

はる歯科-富山先生

はる歯科クリニック 富山 幸太朗先生
神奈川県横須賀市ご開業
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

http://www.haru-dental.com/

◆導入したきっかけ
医院規模・スタッフ数が多くなり事務的な仕事をする時間がなくなってしまったのと、経営相談や診療ではない経営の部分のできるスタッフが必要 と考え事務長を探していたところ、ネットでこのサービスを見つけました。

◆導入にあたって悩んだ部分
1番は医院の雑務なども必要なのでやはり毎日いる事務長のほうがいいのではないかという点と、そこに関わるコストが一般的に雇う事務長よりも高い点で悩みました。

◆導入後の感想
最初月に2回から始めました。初めてすぐに事務的な仕事、院内のポスターや配布資料づくりなどひとりでおこなっていた時と比べ格段に完成までの時間が早くなり、自分の時間が作れるようになったことが良かった点です。
導入後すぐに医院規模も大きくなったため、増築の準備や家具を組み立ててもらえたりすることでクリニックを休診にせずスムーズに増築オープンできたことも大きなメリットかとおもいます。それに伴い事務長サービスも月に4回に増やし、医院マーケティングを相談できたりHP業者などとのやりとりを専門的な知識がない自分が行うよりもスムーズですし、経験がある事務長に対応してもらえることで自分一人では対応しきれない隅々まで事務長が考え業者対応してもらえるところも良かった点です。
今考えてみるとこの事務長サービスは雇用する事務長とはそもそも次元の違う比較するものではないと思えます。どちらかといえば、より身近なコンサルタントのような存在ではないでしょうか。一般雇用する事務長にこのような専門的な知識を身につけてもらうには相当な時間と費用もかかりますし、すごく閉鎖的な視点しか身につけることが難しいかと思います。事務長サービスは他院のさまざまな先生方の仕事を手伝っているからこそ、自分にはないアドバイスをもらえ、より視野の広い経営につながるのではないかと思います。
今では自医院にとって必要不可欠な存在であり、クリニックの一つの歯車ではないかとおもいます。

◆検討している先生方へ
最初は自医院の考えやなにをしてもらいたいのかが明確にないこともあるかと思いますしうまく伝わらないこともあるかもしれませんが、担当事務長は必ず院長の思いをよく考え汲み取ってくれます。長く続けて来てもらうことで要望を出さなくとも今クリニックに必要なことを事務長が考え行なってくれます。コスト以上のパフォーマンスは絶対にあります。
とにかく長く担当事務長と長く付き合い思いをぶつけることがうまくこの事務長サービスを利用するポイントではないかと思います。

経営していく上で、マネジメントは重要。院長一人で十分には出来ないことです。その為にも、事務長は無くてはならない存在だと思います

吉野晃先生

吉野デンタルクリニック 吉野 晃先生
ユニット:7台 スタッフ数:常勤12人、非常勤12人
Mr.歯科事務長訪問回数 2回
http://www8.plala.or.jp/ay-dent/

◆導入のきっかけや理由
規模が大きくなり、スタッフの人数も増え、どうにかしたいと思いいろいろ探していて、Mr.歯科事務長を見つけました。

◆導入前に迷ったこと
コストです。費用対効果を考えました。
助手1人を常勤で雇うことができる金額です。助手を教育して育てていくことも可能と考えました。

◆導入後の感想
一言で言って、本当に助かっています。当院では、マネジメントをお願いしていますので、人選でも助かりました。女性の世界ですから、年上の女性から叱られることも必要です。歯科経験も長い方なので、スタッフもしっかり向き合い、理解を示しています。
定期的に面談をしていただき、第三者だからこそ聞きだせることや、伝えていただくことによってスタッフの成長に繋がっていると思います。最近では、スタッフの方から相談を持ちかけています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
長期的に見たら医院経営には、第三者の目が必ず必要です。
コストが分かれ道になると思いますが、一歩踏み出す勇気が必要です。これからは、人材こそ最大の武器です。経営していく上で、マネジメントは重要。院長一人で十分には出来ないことです。その為にも、事務長は無くてはならない存在と思います。
事務長に来ていただくにも、最大限生かせるのも医院次第。コミュニケーションをしっかり取り、一番の理解者になってもらうことです。

客観的な目で聞いてもらい、見てもらうことが組織には重要です

早野圭吾先生

早野歯科医院 早野 圭吾先生
ユニット数:7台 スタッフ数:常勤8人、非常勤4人
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
http://www.hayano-dc.com/

◆導入のきっかけや理由
DMと椎名先生のFBで知りました。
調度その頃に、事務長が必要と感じていました。スタッフは、人数も少なく、まだ育っていない。と、言う状況だったので、外部で頼める事務長がいたらと考えていました。

◆導入前に迷ったこと
全く迷いはなかったです。
お願いする前までは、マーケティング会社にお願いしていていました。取り組み方は理解し基盤が出来たので、次の段階として内部強化と考えていました。

◆導入後の感想
歯科医院は女性社会なので、院長に直接言えないことやスタッフ間で言えないことを、第三者の方だからこそ話せることと思います。
あとマネジメントは、組織内で何とかしようとするのは無理だと思っています。客観的な目で聞いてもらい、見てもらうことが組織には重要です。
面談もやりっぱなしではなく、事務長がきちんとフィードバックして下さるので状況を把握できます。
昼休みを挟んで訪問していただいているので、診療中面談できないスタッフは、事務長の所でお昼を食べながら相談しているスタッフもいます。

◆導入を検討している方へのアドバイス
小規模の間は、院長だけでも何となりますが、中規模になった時点で、院長だけでは賄えない。スタッフにはまだ任せられない。と思う時がきます。そうした場合は迷うことなく、Mr歯科事務長を頼むべきだと考えます。

さらにスピード感のある医院改革と成長を手にできることは間違いありません

田村良先生

田村歯科医院 田村 良先生
ユニット数:5台 スタッフ数:13名
Mr.歯科事務長訪問回数 3回/月
http://www.tamura-dental.com/

◆導入のきっかけや理由
医院を移転する時から業務が煩雑になり、事務系の仕事のうち委譲できるものは、スタッフに任せるようにしてきました。
しかしながら、移転後3年が経ち、来院患者さんもスタッフも増え、診療業務もさらに煩雑になった事で、事務系の仕事は後回しになり進まない事が多くなりました。
そこで、院長とスタッフのお互いストレスを軽減するために、Mr.歯科事務長の導入に踏み切りました。
また、ゆくゆくは医院に事務局が必要になるかも知れないと考えたため、その時のお試しという意味合いもありました。

◆導入前に迷ったこと
思うように利用できるか?
何を頼んだら良いのか?
月2回で何が出来るのか?
どの程度、仕事が進むの?
意思の疎通はできるのか?
費用対効果はどうか?
など、いろいろと導入前には考えました。

◆導入後の感想
導入後は、費用対効果も考え最大限に活用したいと考えたため、事前に頼む事をピックアップするために考える時間が増えました。この面では以前より忙しくなったのかも知れません。
しかし、これは経営者として誰でもやらねばなら無い事ですか逆にありがたいことだと考えています。
今までなら「考えて終わり」、「思い出した時は既に遅い」という事も多くありましたが、今は、着実に確実に進んでいます。
自分で考える時間を増やし、訪問してもらう日数を増やして、事務長としっかり連携を取っていけば、さらにスピード感のある医院改革と成長を手にできることは間違いありません
スタッフも私も導入して本当に良かったと思っています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
今まで出来なかった事、後回しにしていた事が次々と完結していきます。
そして自分の右腕からもう一本腕が生えた感じですよ (笑)
それと契約の時に感じたのですが、必要なければいつでも解約できるとの事です。(※1カ月前に書面で申請)
最初から解約を視野に入れるのはどうかと思いますが、ある意味とても親切な契約内容だと思います。
試してみる価値はあると思います。

院長一人の取組みに限界を感じている方には、絶対におススメのサービスです!

dr_takamine

医療法人社団幸豊会 高峰歯科医院 高峰 幸志先生
東京都大田区ご開業 ユニット数:5台 スタッフ数:8名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回
http://www.takamine-dental.com/

医院経営の将来を考えた時に、いろいろと不安になることもあり、「何か手を打たなければ」と思うことがありました。しかし、日常の忙しさに追われ、後回しになってしまったり、何から手を付けるべきか迷ったりで、有効な手を打てずにいました。

事務長が当医院に加わってくれてから7年という長い年月が経ちました。私の医院の発展は、Mr.歯科事務長なくしては無かったかもしれません。様々な依頼に対しての的確なアドバイスや対処を瞬時にしてくれるので、本当に良きパートナーとしてサポートしてもらっています
業者への対応、施設基準の届出整備や役所への報告業務、ホームページの刷新やSEO対策、診療所内の整理整頓、院長のグチの聞き役(笑)などなど、数えたらキリが無いほどの仕事をこなしてくれ、診療面で忙しく時間が取れない自分にとってはとてもとても助かっています。

その中でも私の印象に残っているサポートベスト3を紹介します。

①看板
「うちの医院って目立たないから紹介患者が来るのにも分かりにくいみたい・・・」という悩みに対して、看板刷新のアドバイスをもらいました。大きな投資になるので躊躇しましたが、事務長の勧めに答えて思い切って替えたところ、想定外の部分でもプラスの効果を発揮してくれ、本当に踏み切ってよかったと大満足の結果になりました。自分ひとりではできない発想とアクションでした。

②数字分析
医院の経営面での分析などは時間もかかるので面倒だと思い避けていたのですが、事務長が業績含め様々な評価項目を分かりやすくデータ化したり、数字分析したりしてくれました。それまで無頓着だった数値分析ですが、要所ごとのタイミングで何をすべきかを明確に判断できるようになり、医院の業績は右肩上がりになりました^_^

③法人化
院長の皆さんであればよくお分かりになるかと思いますが、日々の診療を行いながら法人化の手続きを進めるのは至難の業です。就業規則の作成や社労士や会計士の紹介、各方面への届け出作業など、一から十までサポートをしてもらいました^_^
MOCALはたくさんの医院における経験やノウハウを持っており、また事務長の皆さんも十分な知識や経験、トレーニングを積んだ精鋭が揃っていますので、状況に応じた的確なアドバイスや提案・実行してくれます。新興の業者には決して真似ることのできないフォロー、バックアップをしてくれる事は間違いありません。

【導入を検討されている院長先生へ】
忙しい日常の限られた時間の中でアイディアを捻出・実行しようとしても、院長先生が1人でできることは、制限されてしまっているかもしれません。そんなときにMr.歯科事務長は良きパートナーとなり親身になって接し対応してくれるはずです。
院長先生の歯科診療に対する考え方や医院理念を尊重、生かしてしてくれた上で、まるでコーチングのコーチのような役目を担い答えを導いてくれることもあります。
更なる医院の発展を考えている先生、自身の力では行き詰まりを感じている先生などに、強力な「1スタッフとして」、Mr.歯科事務長の導入をお勧めしたいと思います。

納得感が半端ない。『最高のパートナー』であり『最強の戦力』です。

doctormiyamoto

幸町歯科口腔外科医院 宮本 日出先生
埼玉県志木市ご開業 ユニット数:11台 スタッフ数:約20名
Mr.歯科事務長訪問回数:2回/月
https://www.happy-town-dental.com/

◆導入のきっかけや理由
開業から10年が経とうとしたタイミングで、次の医院成長へのレベルアップを図りました。目標は『院長不在でも成長を続ける医院』。増築・ユニット増設、ドクター2名採用、スタッフ増員(特に歯科衛生士)を行いました。しかしユニット1台あたりの単価が下がり、非効率的で、成長の頭打ちが見えてきました。スタッフにも疲弊感が漂ってきました。
臨床を分析して見えてきたことがありました。それは各自の役割分担や責任の所在、方向性の不一致など、いつの間にか多くの課題が山積みです。そしてその本質的原因を探りました。そうすると「院長はリーダーシップを学ぶこと」「幹部はマネジメントを学ぶこと」「スタッフはマネジメントされること」が必要だったのです。
経営に長けている法人理事長の先生からMOCALさんの「事務長」さんのことをお聞きしました。当院には事務を専門に行なっているスタッフが居なかったので、事務長さんがどんなものかわからなかったので、先ずはお話を伺うことにしました。今野社長とお話をさせていただきました。MOCALさんの「事務長』さんには、色々とコースがありますが、それはそれぞれの医院が抱えている課題に対応できるためのコース分けでした。もっと言うと、医院のニーズによってカリキュラムを組んでくれるオーダーメイド&ハンドメイドなシステムです。それを既存のコースに当てはめる、医院主導のシステムでした。他社が提供するような「画一的なサービス」でもなく、「一方通行の資料提供」、あるいは「単なる書類手続き代行」でもありません。今野社長には、事前に十分なヒアリングをしていただき、双方の納得の上、安心してご依頼しました。

◆導入前に迷ったこと
導入にあたり、一番気になったことが「院長の意思(ビジョン)」が、事務長システム導入後も継続(増進)されるか否かでした。私・院長の意思で開業した医院です。院外から他者が入ることで、私の想いが揺らいでは、全く逆の効果で、本末転倒です。大手歯科コンサルティング会社のサービスに依頼すると、「数値は伸びたけど、院長の影響力がなくなった」と良く聞く話です。この点では、事前のヒアリングで、十分にMOCALさんにお伝えできたので、不安はなくなりました。
次に気になったのが、事務長さんとスタッフとの関わりでした。つまり、私の想いを伝えつつ、スタッフをサポートして、良好な人間関係を築けるか、でした。これにおいては、事務長さんをファシリテーターとして、プロジェクトMTGを持つことのご提案を受けました。スタッフ参加型の、モチベーションが高い組織形成が想定されました。

◆導入後の感想
導入してからは、「医院の成長は事務長さんなしでは考えられない」状態になりました。これは決して、事務長さんに依存しているのではありません。事務長さんが『最高のパートナー』であり、『最強の戦力』であるという意味です。何より、私の精神的・時間的な負担が軽減されました。そうです、目標であった『院長不在でも成長を続ける医院』に、確実に近づいています。
初めに感じた効果は、院内の人間関係でした。私からの一方的なコミュニケーション(=指示)ではなく、事務長さんがスタッフの声を吸い取ってくれるので、「やらされ感」ではなく「やりたい感」に変化してきました。事務長さんは、想像以上にスタッフの間に溶け込んでいきました。院内の人間関係がフェアーになり、規律が生まれました。それに沿って、仕事が適切・迅速・協力・自律となり、効率的になりました。そうなると、自然と患者さんの数も増えます。笑顔も増えます。ポジティブ・サイクルとなりました。
事務長システム導入当初は、院内人間関係の「トラブルシューティング」を担っていただいたことが何回もありました。院長にとって、院内人間関係は、精神的負担が大きいところです。事務長制度が浸透してからは、人間関係のギクシャクがなくなりました。これにより、私の負担もすっかり軽くなりました。事務長さんが持っている情報量は、かなり豊富です。これは多忙な院長では絶対に処理できない量です。事務長さんからは、膨大な情報から厳選された適切な情報を聞くことができます。
院長は時として、医院方針の決定を迫られます。十分な情報がなければ、医院の死活問題にもなります。当院では、十分な情報のもと、医院方針の相談相手にもなってくれたので、「か強診」をきっかけに予防型歯科医院へとスムーズに移行できました。事務長さんは「短期的成長」と「長期的成長」の両面で、アドバイスをしてくれます。
短期的成長では、業績を数値化し、分析してくれます。医院の強み、弱みを客観的に評価してくれるので、重点課題が明らかになります。だから「何をするのか」がはっきりわかります。その課題は「リコール強化」や「キャンセル率改善」、「新患獲得」など具体的であり、すぐに取り組む打ち手のご提案も受けられます。
長期的には、確実な「医院力」の向上を考えたご提案があります。当院では、院内研修会を定期的に行なっています。テーマや内容など、多くのプログラムを、事務長さんは組んでくれます。まさしく「当院のためだけの特別セミナー」化しています。スタッフはレクチャー、ロープレ、ワークショップと、スタッフ参加型の内容豊富な、明日から臨床に効果が出るプログラムを、毎回楽しみにしています。「楽しみながら、医院力を高める」って、嘘みたいな本当のことです。
最近は「自分でセクションを担当したい!」と言い出す中堅スタッフも出てきました。ここまで至ったのは、何と言っても事務長さんとの双方向のコミュニケーションが良いからです。院長はもちろん、幹部・スタッフの話を、じっくりと聞いてくれます。我々の気持ちや方針を理解してもらった上で、様々なご提案をしてもらえるので、納得感が半端ないです。訪問日以外でも、メールでのやり取りが迅速です。実務的な作業も、スムーズです。事務長さんは、常に相談できる相手です。『テレワーク・パートナー』です。
最近はどこの医院でも歯科衛生士不足が悩みの一つだと思います。当院も採用に課題がありました。事務長さんはこの課題も解決してくれました。採用予算や状況を判断して、リクルート活動を適切にサポートしてくれました。おかげで毎年数名の歯科衛生士さんが採用できて、順調に増員できています
このように当院は確実に成長しています。そして成長が、成果として数値に表れています。ここ数ヶ月は、常に過去最高の結果を残しています。事務長さん、ありがとうございます!

◆導入を検討している方へアドバイス
医院の成長は、開院後10年でピークを迎え、15年経過すると、その後は下降します。維持は、衰退です。消費税アップなどの増税や、「コロナウイルス騒動」などの社会問題で経済が混沌とする中、毎年の5%成長が求められます。ただ忙しすぎる院長業をやりながら、医院を毎年の成長に導くのは至難にワザです。はっきり言って、院長一人では、無理です。そこで最高のパートナー・最強の戦力が「事務長」さんです。
歯科医師過剰問題、歯科医院乱立など、長い間、向かい風が吹いています。しかし厚労省が「口腔ケアの重要性」を認識して、超高齢化社会の日本では、歯科医療業界の好機とも言えます。あなたの医院を「ピンチ」にするか、「チャンス」にするかは、院長の「参謀(=事務長)」の有無によるでしょう。毎朝、どんな気持ちで診療をむかえていますか?  開業当初は、どんな気持ちでしたか? 前向きな気持ちでお仕事ができていますか? 院長は、医院でリーダーですから、一番活躍する役割なのに・・・? 私は、多くの先生方に、歯科医師として、院長として、誇りを持って、人生を謳歌してもらいたいと思っています。そのためには、現状を理解して、目標を定めて、課題を解決しましょう。院長一人ではなく、事務長さんと一緒に。MOCALさんの多くの社員(=事務長さん)とお会いしました。全ての方が驚くほどに、優秀な方でした。「よくこんな優秀な人財を集められるな!」と驚くばかりです。「ビズ○ーチ」真っ青です(笑)。どの方がご担当になられても、安心してご相談して良いと思います。私は今、この原稿を診療中に書いています。「えっ!診療中?診療しなくていいの?」と思われる先生方もいらっしゃるかもしれません。事務長さんのおかげで、私は目標にしている『院長不在でも成長を続ける医院』に近づいていますから。少しでも興味を持たれた先生は、まずは、MOCALさんにご相談してください!オススメです!

「院長のブレーン」と「事務長の相談役」というポジションでサポートを利用しています。

doctorhayasizaki

尾島デンタルクリニック 林崎 雅樹先生
群馬県太田市ご開業 スタッフ数:約50人
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://www.ojimadental.com/

◆導入のきっかけや理由
テナントから自前の建物に拡張移転をしたタイミングで、ユニットやスタッフ数が急激に増え、事務やマネジメント機能の強化に課題を感じていました。Mr.歯科事務長サービスについては、友人の多くが利用していたので以前から知っていましたが、当院がある群馬でもサービス提供が可能と聞きつけ、さっそく依頼することにしました。

◆導入前に迷ったこと
当院には専属の事務長がいるので、どのように役割分担をするのか、最初はイメージがつかみにくかったのは正直なところです。代表の今野さんとは以前からセミナー参加などでもお付き合いがあったことや、友人の評価も聞いていたので、「迷ったら実行」ということで、まずはお付き合いを始めることにしました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
最初の2カ月ぐらいはうまく使いこなせている感触がつかめず、率直に相談をしたところ、プランと担当の変更の提案をいただけました。現在は「院長のブレーン」と「事務長の相談役」というポジションでサポートを利用しています。発展を目指している院長にとっては、常にリスクのある判断を緊張感をもって行っているものです。担当の今野さんに月1回(時にはメールで)壁打ちというカタチで、自分の考えていることや課題についてぶつけていますが、他医院での事例を踏まえて、多面的に自分の考えを整理してくれるので、経営判断を行う際の精度や安心感が増したと感じています。また時折、医院で発生するトラブルや緊急事態の際でも、業界の人脈を利用して、スピーディーに情報収集をしてくれる点も、アウトソーシング利用のメリットだと感じます。専属事務長にとっても、院内に自分の見本となる事務方の上司や、相談できる上司がいなかったため、今野さんに相談や意見を聞ける環境ができたことは、仕事の安定感や幅を広げることにつながっているようです。

◆導入を検討している方へのアドバイス
たとえ院長が経営者として優秀であっても、外部のブレーンやリソースを使えることはさらなる競争力につながるという意味でとても重要だと思います。MOCALさんは、様々な経験を持った事務長さんたちがチームになっていることで、個人でやっているコンサルタントとおつきあいするよりも、我々ユーザーにとって、有意義な情報ソースでもあると実感しています。目標がある方、規模の拡大を目指す方、何年も足踏み状態が続いている方は、一度、相談をしてみると良いと思います。

院長のチャレンジを支える無くてはならない存在です。

dr_ivy

医療法人社団博愛会アイビー歯科クリニック 今井崇博先生
北海道札幌市ご開業 スタッフ数:約20人
Mr.歯科事務長訪問回数 4回/月
https://www.aiby-dc.com/

◆導入のきっかけや理由
知り合いの先生が導入していると聞いて興味を持ちました。大型医療法人の先生も事務長の必要性を話していたこともあり、医院経営の将来のビジョンを考える中で、事務仕事を任せられるスタッフが必要と考え導入を検討しました。

◆導入前に迷ったこと
具体的にどんな仕事をしてもらうか、どのように依頼、指示して良いのかが不安ではありました。
金額的に、安いサービスではないので医院にとってどんな効果があるのか想像することができず不安でした。医院の将来を考えたときに、変化が必要であり、そのきっかけとして導入を決めました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
これまで、全然手が付けられなかったことも依頼して、進めることができました。自分の考えや、やることを事務長に指示することで、仕事が進むので、自分の時間を作ることができ、経営者として、自分がやりたいと思うことに、チャレンジすることができています。その結果も売上増、患者増という結果で出ています。今では、事務長はなくてはならない存在です。

◆導入を検討している方へのアドバイス
これまで、やりたいと思っていたが、手が付けれていないと思う方や自分の時間を作りたいと思う方、経営者として変化のきっかけが欲しい方にお勧めします。

マーケティングを中心としたプランで、お願いしてから月あたりの患者数は明らかに伸びました

dr_owl

アウルデンタルクリニック 志田健太郎先生
千葉県松戸市ご開業 ユニット数:3台 スタッフ数:約8名
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://owldentalclinic.com/

◆導入のきっかけや理由
開業時より家内と2人3脚で経営をしてまいりました。その中で、いろんな形で出会った求人業者や広告業者を使いながら続けてまいりましたら、いつも人、モノ、金で悩み,その間隔は長いときもあれば短いときもあり。診療しながらのそれらの対応とそれに伴うストレスで私自身ギリギリの状態でした。。。。
そうした中でも、様々な分野の勉強会に参加する中で知り合った先生との話の中で、“事務長”というキーワードを耳にすることがありました。よくよく聞いてみると、診療以外のこと全般をおまかせしている人のことでした。
「うらやましい。。。でも、俺には一から育てる元気と勇気はない。」そんな中で、たまたまfacebookで目にしたアウトソーシング事務長。そのユーザーに先程の勉強会で知り合った先生がいらっしゃったので、更にお聞きしてご紹介頂いたのがきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
お願いして、効果があるのか?どうか???
言い換えてしまえば、私自身と同じような考えを持っていただき、経営に関して力になってくれる人なんだろうか???この辺のところが迷ったというより心配ではありました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
私としては、事務長さんに来ていただいて本当に良かったです。うちは、ユニット3台、ドクター1人の小規模歯科医院です。もちろん、多額の出資は厳しいです。そのなかでも、マーケティングを中心としたプランでご紹介いただき、お願いしてから約2年で月あたりの患者数は明らかに伸びました。それに伴い、スタッフ数も当初、私入れて3人だったのが、今では私を含めて8名へと膨らませることができました
このようにだんだん目に見える成果が出てくると、次にしたくなるのはこれまで抱えていた、「こうしたい。」「ア~したい。」このときの私は、もっと、スタッフとともに一丸となって院内を良くしていきたい。そのシステム作りを積極的に行っていきたい。ということでした。
現在では、その第2ステップに向けて日々奮闘しながらもお陰様で楽しく診療ができております。

◆導入を検討している方へのアドバイス
はじめは、この事務長サービスがどんなことをしてそれが一体うちにとってどう役立つのか???はっきり言って疑問でした。。。。でも、あのときの私は振り返ると必死で、一人で事務仕事をこなしながら診療も行う。はたしてこんなことしながら、開業し続けて楽しいのか?でも、世の中には開業しても、楽しみも忘れずに過ごしてらっしゃる先生方って多いよな???
うらやましい。。。。
やっぱり、自分一人では限界がある。
そんなときだからこそ任せられる人を見つける!
だったら、はじめからノウハウと情報をたくさん持っているアウトソーシング型事務長におまかせしていかがですか?だって、ずぶの素人を雇って一から育てる時間と労力がかけられない僕みたいな先生は、アウトソーシング型事務長さんをお願いするだけで育てる時間と労力は省かれる。見方によってはそれだけでもお願いする価値はあるような気がいたします。あとは、やりながら先生お一人お一人のビジョンを見失うことなく、みんなで邁進するだけです。ぜひとも、私と同じようなお悩みや境遇の先生方はお問い合わせ見てはいかがでしょうか?

「攻めの経営相談、守りの書類整備、2つのサポートプランを利用させて頂き、まさに最強の楯と矛を手に入れた戦士のようです(笑)」

dr_apple

医療法人社団輝歯会アップル歯科クリニック 池田大造先生
茨城県古河市ご開業 ユニット数:6台 スタッフ数:約16名
Mr.歯科事務長訪問回数 3回/月
http://www.apple-shika.com/

◆導入のきっかけや理由
2007年に開業して10年以上経過し、患者さんも増えてきたことに伴って、スタッフも増えてきました。それまではどうにか自分なりに工夫をしながら仕事をしてきましたが、日々の診療だけでなく、いろいろな雑務やスタッフマネジメントなどやらなければならない仕事が大変多くなってきて、仕事に追われるような感覚にとらわれました。
忙しい中、院長のメインの仕事である今後の展開を見据えて戦略をたてる、そのための時間が取れなくなってきて、やはり一人で出来る事には限界があると感じるようになりました。様々な雑務を行ってくれる方や、戦略を立てる際に一緒に考え、実行のサポートをしてくれる方がいないかと思い、知り合いの先生でも多く利用していて評判の良かったMOCALさんに相談をしました。

◆導入前に迷ったこと
まず率直に感じたことは「高い」という事ですね。
MOCALさんに相談した時、説明に来てくれた営業担当者さんは、私のやりたい事、今困っている事を丁寧にヒヤリングして頂き、それをクリアするためにMOCALではこのようなサポートができると具体的で的確な提案をもらいました。ただ、やはり高いという感覚があったので費用対効果は非常に気になって、しばらく悩みました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
費用的に非常に悩みましたが、現状のままでいても今後の展望を進めていくこともできず、毎日診療と雑務に追われる日々の繰り返しになってしまうと思い、思い切ってお願いすることにしました。
サポートして頂いてまず感じたのが、できるようになるまで待つ必要もなく、すぐに仕事が回ったという事です。これには本当に驚きました。一人で悩んで困っていたのが何だったんだと思えるくらい見事に仕事が進んでいき、気持ち的にもとても楽になったのを覚えています。
現在は経営相談とプロジェクトを進めるプランと、院内の各種の書類整備や雑務を行ってもらうプランの二本立てでお願いしています。攻めの経営相談、守りの書類整備、両方利用させて頂き、まさに最強の楯と矛を手に入れた戦士のようです(笑)。
どちらのプランの担当事務長さんも歯科専門のため、やりたい事をよくわかってくれているのがとても助かります。おおよそのイメージをお伝えすれば、私のやりたい事が伝わり、複数のご提案を頂けるので、その中から一番良さそうなものをお願いしておくと、あとは業務完了までスムーズに進めて頂けます。一人で悩んでいた時代が嘘のように医院の業務が回り始めてきてとても助かっています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
費用を気にしていた私のような方には、「迷っているなら絶対やった方が良い!」とお伝えしたいですね。あの時費用を気にしてお願いしていなかったら…と思うと少し怖い感じがします。
MOCALさんにサポートしていただくようになってからは私の視野が広がり、別の未来見えてきました。迷っている先生がいたら、私もMOCALさんと一緒に説明に行きますよ!どれだけ良いサービスか、経験者として直接、生の声をお伝えします!

院長とスタッフ間の潤滑油および、孤独な院長の良き相談として

dr_smileon

スマイルオン矯正歯科 篠原範行先生
兵庫県伊丹市ご開業 ユニット数:7台 スタッフ数:約12名
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://www.smileon.jp/

◆導入のきっかけや理由
送られてきたDMのチェックに全てあてはまったことが、導入を検討したきっかけです。ちょうどそのころ、長年、衛生士リーダーとして活躍してくれたスタッフが、ちょっとしたボタンの掛け違いにより退職するということがありました。これから、どうスタッフと向き合っていったらよいのか迷っていました。

◆導入前に迷ったこと
費用と本当にどう機能するのか?私自身もイメージできていませんでした。しかも月何回かの訪問で効果があるのか、ちょうど、社労士事務所からも、常駐スタッフを提案されていましたが、提案いただいた業務範囲が広かったので、お願いする事にしました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
訪問初日から、スタッフ面談を行っていただきました。私とスタッフとの間、スタッフ間、私と税理士や社労士との調整および潤滑油的役割を担っていただいています。ちょうど就業規則を変更した直後にてギスギスした状況もあったが、間に入ってまとめていただいた事もありました。今では、スタッフも事前に訪問される日程を確認し、直接相談する場面も目にします。

◆導入を検討している方へのアドバイス
上記のように大変役に立っていただいている。特に男性院長一人と女性スタッフのみの職場では、孤独な院長の良き話し相手にもなっていただけるので助かっています。
また、時間がなく、やろうと思ってできなかった事の実行や、業者からの営業に対してどの選択が良いのか、妥当な金額なのかの客観的判断が出来なかったのですが、調査いただいたり、ストックされている情報を提供いただけるのは大変ありがたいです。

事務長と打ち合わせに向けて、私自身にもやるべき事の期限を設けることができ、これまで以上に日々の行動にメリハリがつきました

dr_takizawa

たきざわ歯科クリニック  滝沢 卓也先生
埼玉県さいたま市ご開業 ユニット数:4台 スタッフ数:約9名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
https://www.takizawa-dental.net/

◆導入のきっかけや理由
総務的な業務のちょっとしたことはスタッフに依頼し、その他のほとんどは自身でやることで何とか進めていました。しかし、外部活動も忙しくなり、やりたい事・やるべき事がたまりに溜まり限界を感じ、任せられる仕事はアウトソーシングしようと思ったことがきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
費用面で二の足を踏みました。歯科事務長サービスの存在は知ってはいましたが、安価ではないので、5年ほど悩みました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
もっと早く導入すればよかったと思いました。進めていきたいタスクを一つずつお任せしていくことで、想定していたよりもずっと早く業務が進んでいき、とても楽になりました
最初は「高い!」と感じ、導入をためらっていましたが、自分の時間を作ることができましたし、事務長と打ち合わせに向けて、私自身にもやるべき事の期限を設けることができ、これまで以上に日々の行動にメリハリがつきました

◆導入を検討している方へのアドバイス
歯科事務長サービスを導入することで、過去に一人で悩んでいたことを忘れてしまうほど業務が回っていきました。
また、担当している事務長さんの後ろには様々な専門分野の知識を持つ事務長さんたちのチームが動いていますので、困りごと・悩み事がある方はきっと役立つ情報を得ることができると思います。
もし、私のように費用面で悩んでいるなら迷わず導入をお勧めします。

やりたいこと理解してカタチにしてくれる頼もしいマネージャーです。

dr_hartin

ハート・イン歯科クリニック  小林修先生
東京都武蔵野市ご開業 ユニット数:4台 スタッフ数:約6名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
https://heart-in-dc.com/

◆導入のきっかけや理由
様々なアイデアはあり、考えはするけど行動し実現できる時間が取れない、方法がわからないと悩んでいました。Mr.歯科事務長のサービスは友人の先生が何人か利用されていたこともあり、詳しい話を聞いてみようと問い合わせたことがきっかけです。
『クリニックで取り組んでいること、スタッフが頑張っていることなどをご来院いただいている患者さんに伝えたい』『スタッフと一緒になって、同じ方向性を持ったクリニックの集団にしたい』と思ったことから導入を決めました。

◆導入前に迷ったこと
自分のイメージを共有して、具現化できる人が来てくれるのか?第三者に依頼することがかえってストレスにならないか?という点では不安がありました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
実現してほしい事を淡々とこなすだけでなく、こちらの考えや思いなどを聞いて理解してくれ、クリニックや院長のイメージをとても大切にしてくれています
また、意見を聞くだけにとどまらず、時には反対し、実現すべき内容の達成のために、方向性を指南して修正してくれるので、今までやりたくてもできなかったことが着実に進むようになりました。
さらに、クリニックの変化やスタッフについても気にかけてくれるので、経営以外の事についても相談に乗ってもらったりもしています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
アイデアややりたいことが滞っている場合に、思い切って依頼することで、日頃のもやもや感が消え、仕事に集中できるようになると思います。自分が気づかなかった視点での意見も参考になりますので、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

これまで抱えていた課題が順序良く解決へ向けて進んでいます。

dr_blueleaf

医療法人社団メディカル・インテグレイション ブルーリーフ歯科 菊島 大輔先生
神奈川県横浜市ご開業 ユニット数:5台 スタッフ数:約15名
Mr.歯科事務長訪問回数 3回/月
https://www.blue-leaf-shika.com/

◆導入のきっかけや理由
開業以来の目標だった集患がある程度出来てきて、対応のためのスタッフ増加、それに伴う税理士や社労士関連等の事務作業も増えてきてストレスを感じていました。また、DHのユニット稼働の増加を図っていたり、幹部が分院へ離れる予定があったりと、今後の医院経営において、スタッフの協力体制の強化に課題を感じていました。
そんな中、MOCALさんの第1期DBAセミナー参加をきっかけにMr.歯科事務長サービスに興味を持ち、依頼することにしました。

◆導入前に迷ったこと
Mr.歯科事務長は安い料金ではないので、導入にあたり費用対効果の面で少し悩みました。自分と相性の悪い人が担当になったら困るなあ、という思いもありました。そんな中、サービス内容の説明に来ていただいた方には、私の困りごとや今後のビジョンを丁寧にヒヤリングしていただき、それをクリアするための施策や具体例を的確に提案してもらいました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
医院の課題や私のビジョンに対して、やるべき事が明確になり、これまで止まっていた第二領域の課題が順序良く解決へ向けて進んでいくので、とてもストレスが減りました。
細かい労務関連の業務や求職者とのやり取りを丁寧に処理していただけますし、ある程度の指示で、私の思ったことを具現化していただけます。様々なことをお任せしているので、私が本来やるべきことに集中でき、とても助かっています。今では事務長なしでの医院経営は考えられないくらい頼りにさせていただいています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
MOCALさんは、様々な歯科業界の経験を持った事務長さんがいます。一般的なコンサルタントへ相談するよりも、私たちのような歯科医院を経営する者にとって、有意義な情報ソースとなり、実務者としても、とても頼りになると実感しています。現在ビジョンや目標がある方、今困っている課題のある方は、一度、相談をされることをお勧めします。

スタッフ中心の医院経営へ、欠かせない存在

dr_matsubara

医療法人社団愛生会 新秋津・秋津駅前まつばら歯科 松原 幹朗先生
東京都東村山市ご開業 ユニット数:15台 スタッフ数:約43名
Mr.歯科事務長訪問回数 4回/月
https://www.マツバラ歯科.jp/

◆導入のきっかけや理由

  • 院内に味方、仲間を作る
    経営サイド側に立ち、本来あるべき姿勢など「TPOに応じた言葉の選択」によりスタッフへ発信できる存在の事務長は価値が大きいと思っています。狭い人間関係、ミスコミュニケーション、意図と違う伝わり方などで起こるトラブル防止のため、院長に代わってスピーカーになってくれることで院内全体の風通しが良くなりました
  • 社会人、企業の一般的な知識を院内に定着させたい
    一般企業に勤めている第三者の立場から伝えてもらうことにより、スタッフが独特な考え方にならないように導いてもらうため。また、注意をするのが事務長だと院長とスタッフの対立が回避でき、角が立たないので、スタッフも冷静に反省理解度が深まるという利点があります。大所帯のスタッフ数ということもあり、スタッフ個々が自分の役割へ責任を発揮するという「企業なら当たり前」のことを院内へ定着させることで、より高いパフォーマンスが期待でき、それに応じる評価や福利厚生を充実するという経営サイドの責任も感じておりまして、院長・スタッフがそれぞれ役割を果たすことで緊張感と信頼感を増幅させることができています
  • 院長のやるべき仕事に集中できる
    医院の拡大移転、スタッフ増員にあたり、院長だけではスタッフ一人ひとりとコミュニケーションをとれないというジレンマがありましたが定期的な面談(月1回ほど)はMr.歯科事務長さんにお任せしています。ちょっとした心境の変化、傾聴による本音の引き出し、自己肯定感を高めるなど、スタッフの状況により対応してくださるのは大変助かります。また、面談レポートもいただけるので「このスタッフはフォローしておいた方が良いかな」という判断基準も重宝しています。
  • 医院の成長
    歯科業界、社会情勢、一般企業の調査をする手間、時間が省ける上に、常に最新の情報が集まる立場にいるMr.歯科事務長は、トレンドや耳寄りな情報も発信してくれるので、経営判断などに乗り遅れることがないことは、院長として安心材料の一つです。
  • 導入までの説明が丁寧、且つ明確だったため
    医院が抱えている課題、これから進むべき方向性、そして現在のボトルネックなどを相談し、Mr.歯科事務長のノウハウと多彩な引き出しにより、解決の糸口を示していただけたことも、導入の大きなきっかけでした。
  • 幹部スタッフ、その他スタッフへ教育、セミナー形式のプレゼンまで幅広い医院課題へ対応してくれる
    当院では、経営サイドのサポートとして「幹部スタッフ育成・面談、幹部ミーティングのアドバイザリー&オブザーバー、Dr面談」とスタッフ40名の面談を主に担当してくれる2名の事務長が支えてくれています。それぞれの事務長の得意な面を融合してくれるという、まさに「柔軟なサポート」に満足しています。必要に応じて、スタッフ向けへ全体ミーティングなどでセミナー形式のプレゼンなど、リクエスト内容のテーマに応じ、わかりやすくハイクオリティにしてくれます。スタッフからとても好評です。

◆導入前に迷ったこと
担当事務長は元々よく知っていた方だったので、仕事を頼むことでこれまでの人間関係に影響しないか不安でしたが、Mr.歯科事務長サービスそのものがとても誠実で、今では安心しきっています。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
率直に導入して良かったです。仕事が早く、正確で、事務長の人間性も優れており安心して任せることができ、とても信頼しています。当医院では2人の事務長が活躍してくれていますが、2人ともスタッフからの信頼も厚いです。

◆導入を検討している方へのアドバイス
自分で動くより本物のプロが動く方が生産性も高くなると思います。院長にしかできない仕事があり、自分の仕事に集中し、ストレスなく成果を上げたい方にはお勧めです。院長も万能ではありませんので、診療では勤務医やスタッフ、経営面では事務長といったエキスパートの存在が医院を充実させてくれると思います。導入後、大きな価値に気がつくことができることは間違いありません。私もセミナーや勉強会などで相談されたときは、真っ先にMr.歯科事務長を紹介しています。

アウトソーシングしてみることの価値を感じて欲しいです。やりがいある未来につながっています。

dr_yamashita

やました歯科医院 山下 宗先生
神奈川県相模原市ご開業 チェア:5台 スタッフ数:約7名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
https://www.yamashita-shika.net/

◆導入のきっかけや理由
先輩である市川ビルさとう歯科医院の佐藤先生の紹介です。ちょうど医院見学に伺った際に、事務長がいらしてました。医院を見学して、全体の雰囲気、特にスタッフの行動、仕事に対する思いが素晴らしく、うちもこんな医院を目指したい、と思ったことが導入のきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
なにもありません。こういう医院にしたいという明確な夢があり、そこには必要だと先輩がおっしゃったので。自分もその通りだと思いました。もちろん費用対効果は考えましたが、先行投資が大事ですし、まずは行動!と思いました。訪問して説明を受けたその場で「お願いします」と言ったことを覚えています。「すみません先生、お待たせしてしまうんです」と言われましたが、「できるだけ早くお願いします!」と言って、申し込みました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
半年強経ったところですが、院内の活気が変わりました。スタッフが自分の意思を持って仕事やプロジェクト、もちろん日々の診療に取り組むようになったことが、私が感じる一番の変化です。患者様の方向を向いて仕事をすることはもちろん大事ですが、スタッフあってのクリニックだと思っているので、スタッフとのコミュニケーションが取りやすく円滑になったことも大きいです。
導入前はスタッフが院長である自分の顔色をうかがいながら、こわごわ仕事していた面もあったのですが、今は各々のモチベーションで自分の行動を考えて医院のための動きができるようになっています。それによって、私は自分の診療に集中できるようになったというのが一番です。
もうひとつ大きいことは、事務長が一緒にミーティングに関わってくれて、スタッフの意見を拾い上げてくれることです。ミーティングで意見を出したことが実際に採用される喜びを知り、事務長のおかげだと感謝して、それがまた活発な意見交換や自発的に考えて行動することに繋がっていると感じます。
また、スタッフ面談もお願いしていますが、面談を通して普段の私とのコミュニケーションでは出てこない彼女たちの意見や気持ちを拾い上げてくれています。ポジティブなことも、改善の提言も、やはり院長に直接は言いにくいこともあるのでしょうね。それらを間接的に知ることできるのもありがたいです。
今まで私が、「大丈夫?」「なにかない?」と声をかけてはいても言ってくれなかったことが、面談を通して上がってきます。そんなことを考えていたのか、と驚いたり感心したりすることも度々です。そういうスタッフの本音がわかったことが自分としてもありがたいですし、本人たちも話せてすっきりしているようです。
特にチーフのスタッフは、スタッフ同士仲がよいとは言っても、なかなか弱音を吐ける人がいなかったようで、事務長が気にかけてくれることを喜んで、頼りにしているようです。女性で、自分たちより少し年上の、話しやすい方なのでスタッフたちも慕っています。
そしてもう一つ、導入しようと思った大きな理由でもあるのが、実務的なところの課題でした。スタッフマネジメントと並んで大きな柱と考えていました。今後、移転や分院開設などを考えたときに、雑務が多すぎて参っていたのです。自分だけでは限界だと思い、チーフに振っていたのですが、やはりそれが彼女にとっては重すぎるという状況でした。そういったことに明るく、実務を手伝ってくれる人が欲しいと思っていました。
ある意味導入を悩んだと言えば、月1回でこの作業はできないのでは、ということでしたが、そちらをお願いしている事務長は、上手に業務をコントロールしながら進めてくれています。院内設備のこともお願いしていて、具体的にはLANを設置してくれたことで、タイムラグなくなり、スムーズに作業できるようになりました。ささいなことかもしれませんが、私がやっていたこまごましたことを引き受けてもらえる、1分1秒の積み重ねで、自分の時間が増えていることがとてもありがたいです。将来を見据えた展望の話を一緒にしてもらっています。
今やることはこれとこれ、と優先事項を決めて私と連携を取りながら進めてくれます。訪問の時以外でも相談に乗ってくれますし、自分はこうしたい、というのを伝えて、一緒に考えてもらったり、実際に動いてもらってひとつひとつ解決していっています。本当にストレスがなくなりました。
逆に言うと、今まで3年間どれだけ診療以外のことにストレスを感じていたのか、と思います。診療したくない院長はいないと思いますが、かつての私はそこにフルパワー割けなかったのです。今私はフルパワーを診療にかけられています。患者様の方を向いて、診療の質だけ落とさない、ということに注力できているのは事務長から経営的、事務的サポートをしてもらっているからだと思っています
そしてなにより、私を支えてくれるスタッフたちが、私の方向を向いて、この人を支えて売上上げていこう、より良いやました歯科医院を作っていこう、と思ってくれていることが本当に心強くありがたいです。トップダウンだったときは、そんなに頑張らなくても…という空気がありましたが、今ではそれが嘘のようです。支えてもらって、今いるスタッフとみんなで良くなっていくという方向性を持てたことで、よりやりがいを持って仕事ができています。
実際、先輩の成功例があるので、目指すだけです。現在二人の事務長にサポートしてもらっていますが、本当に導入してよかった、不可欠だと感じていますし、満足感しかないです。

◆導入を検討している方へのアドバイス
事務長というと、何をやってもらうのか、何が必要なのかわからない、というのはあるかと思います。なんとなく忙しくてなんとなくスタッフと距離感がある、診療になかなか集中できないと感じているのであれば、まず使ってみることをお勧めします。自分がやっていることをアウトソーシングしてみることの価値を体験してほしいです。もちろん、やってみないとわからないと思いますが、もうすでに成功事例が山ほどあるのですから、楽しくやりがいを持って仕事をしたいと思っている院長にはぜひ導入してみてほしいです。
院長が楽しくやっていないと、スタッフもやりがいを感じられないと思います。
実際事務長は、一つ一つ丁寧に教えてくれますし、経験や知識のノウハウも膨大にお持ちなので、ちょっと経営で困っている、スタッフとのコミュニケーションに困っている、もっといろんな情報が欲しい、というようなことがあればぜひ導入してみてください。だめだったら辞めればいいのですから。
その一歩が、どれだけの素晴しく、やりがいのある未来に繋がっていることか!
ぜひ迷いなく、やっていただいたらいいと思います。

任せすぎて、元々やっていた仕事はやり方も忘れてしまいましたが、事務長が覚えてくれているので安心しています。

dr_shiota

塩田歯科医院 塩田 厚先生
神奈川県茅ヶ崎市ご開業 ユニット数:4台 スタッフ数:約6名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
http://www.shiotashika.com/

◆導入のきっかけや理由
ずっと日計表の集計も労務の手続きもすべて自分でこなしてきました。診療後にそういった業務をすることにいい加減疲れてしまい、誰かに頼めないかと思い立ったことがきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
レセプト代行業者の存在は知っていましたが、事務の代行をしてくれる会社があることを知らず、話だけでも聞いてみようと思い、会ってみることにしました。説明にきてもらったときに、「明日のゴルフの予約もします」とか言われ驚いたことを覚えています。「秘書だと思ってください」と説明され、特に迷いもせず決めました。それだけ切羽詰まっていたということだと思います。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
自分が関与しなくても、物事が進むのでとても楽になりました。まわりの友人からは「高い!」と言われますが、自分の時間を買ったと思えばむしろ安いとさえ感じます。
税理士との調整事も、細かい労務の手続きや書類作成もすべて任せているので、診療に専念できますし、診療後に自分の時間も持てるようになりました。任せすぎて、元々やっていた仕事はやり方も忘れてしまいましたが、事務長が覚えてくれているので安心しています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
契約に迷ってる貴方へ

細かい計算で肝心なところをいつも間違えて税理士に叱られる貴方。
数字を見ると吐き気がする貴方。
早く終わらせたくて適当に計算してしまう貴方。
そしてその適当な計算が間違えて税理士に叱られる貴方。

そんな貴方!貴方!!
いま、動かないでどうするんですか!
早く契約しましょう!

そこの貴方!貴女!

自分一人ではなかなか難しかった人事評価制度の構築とその落とし込みまですることができ、スタッフマネジメントがより円満になりました。

dr_ikutaekimae

生田駅前歯科クリニック 大西 淳先生
神奈川県川崎市ご開業 ユニット数:5台
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
https://www.ikutadental.net/

◆導入のきっかけや理由
このMr.歯科事務長サービスを使っている先輩の院長がいて、処理できないデスクワークを含めた仕事が溜まってきて、優先順位や何をどう進めてよいか分からない状況になってきたため、導入しようと思いました。

◆導入前に迷ったこと
MOCALさんも引き合いが多く忙しいみたいで、「サポート開始まで少し待ちます」と言われて、すぐに出来ないといわれたときは迷いました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
第二象限の仕事がいかに溜まっているかが整理でき、導入後に頭の中がすぐにクリアになりました。モヤモヤしていたものがスッキリしたためよく寝られるようにもなりました(笑)
具体的には、導入しようと思っても一人ではなかなか難しかった人事評価制度の構築とその落とし込みまですることができ、公平にスタッフを評価できるようになったことで、スタッフマネジメントがより円満になりました
予防診療システムの整備においても、プロジェクトミーティングのサポートに入ってもらうことで、リコール率も着実にあがり、定期来院の仕組みづくりを行うことができました

◆導入を検討している方へのアドバイス
自分の時間を作りたい院長先生には是非お勧めしたいサービスです!

自分がやりたいと思っている夢とか野望に賛同してサポートしてもらえることが嬉しいです。

dr_torizuka

とりづか歯科医院 鳥塚 健太郎先生
埼玉県新座市ご開業 ユニット数:7台 スタッフ数:15名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
https://www.torizukashika.com/

◆導入のきっかけや理由
導入のきっかけは友人の宮前先生です。MOCAL主催の宮前先生のセミナー(繁栄会)に行った際、その講演の中でMOCALの存在を知りました。それまでは事務長をアウトソーシングするという概念が全く無かったので、宮前先生の話を聞いて、なるほどと思いました。

あとは純粋に、1医院の売上や業務のボリュームががそれなりに出てきて、次のステップにいくために組織を大きくしよう!と決めた時に今までなんとなくやってきたものを、きちんと整備して実行するには人の力を少し借りないといけないなっていうタイミングで、事務長を招こうと決めました。それが導入のきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
迷ったことはコストとパフォーマンスの点で、つまり費用に対して、何の仕事をどれだけ頼めるのかという事です。営業段階では、院長の忙しい時間を大切にするために今やっている仕事を事務長にやってもらい、確保した時間で院長しかできない仕事をやりましょう、とサービス説明をお聞きしました。
仕事をお願いして自分が楽になるのは分かっていたし、やるべきことを信頼できる人に任せる事は、それだけですごく大事だと思うけれど、実際に自分が今やっている仕事のどれが振れて、どれが振れないのかっていうのが分からないと感じていて、それをお願いした時に、自分の中にどのくらいの時間がプラスで生まれて、それが支払う金額に見合うのかどうかが予測できなかった事が導入前には感じていました。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
導入後の感想は、まだスタートしたばかり(4ヶ月経過)なので100%の評価は出来ないかも知れないけれど、現時点では非常に満足しています。ただ、これは”人”対”人”の部分もあるので、担当事務長では無く、違う人でしたら分からなかったです。あと、担当事務長の人柄もあって、自分がやりたいと思っている夢とか野望に向かって話しをしていた時に賛同してもらえるのが嬉しいです。僕としては、担当事務長は外部の人間とは言うものの、身内のように感じています。僕が話している話や夢を”あーそうですか”、”へぇー”と聞いているのと違い、では、そのためにはこうしましょう!と提案してくれたり、自分のやりたい事について色々と調べてきてくれたりするので、結果としてはお金を払って良かったと思っています。そうでなかったら、もう止めていますけれどね。(笑)

◆導入を検討している方へのアドバイス
うちは開院して7年で売上もやっと1億に到達して、これから規模を大きくしていっても良いかなと考えていた段階に入って、この事務長サービスを知りました。今から5年前は売上8000万ぐらい。平成30年で1億になって、31年に関しては1億3000万まで伸びました。ここまでは自分の中でやれるだけのことをやってきて到達した数字です。

どこの段階(事業フェーズ)で事務長サービスを頼むかって多分、その医院のニーズがあると思うんですけど僕の中ではこのタイミングで正解かなと思っています。プラスアルファで次の段階にいく為に、新しい仕組みを作って取り入れていくのをもっと早い段階でやっていたら、もしかして7年目で出来たことが5年前にできたかも知れない。でもそれは結果論だから・・・。
自分のやっていることが、しんどいとか、もっと時間が欲しいと思っている院長にはダイレクトに繋がるサービスだと思うので、物は試しにやって見たら良いと思います。

画一的なサービスではなく、当医院にとって何が必要か、何がベストかを、考えて提案してくれます

dr_sadaoka

医療法人社団いざなき会 定岡歯科医院 定岡 雅則先生
北海道雨竜郡ご開業
http://www2.plala.or.jp/sadaoka/

◆導入のきっかけや理由
2016年、事務長を採用したく探していましたが、良い人材がいなく悩んでいた時に、ハーモニック様から御社をご紹介頂きコンタクトを取らせて頂きました。

◆導入前に迷ったこと
特にありません。
今担当して頂いている事務長さんとは、以前に名刺交換をさせて頂いた事があり、その時の第一印象が素晴らしく良かったこともあり悩みませんでした。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
サービス内容は全てにおいて満足出来るものです。なぜなら、画一的なサービス提供ではなく、当医院にとって何が必要か、何がベストかをクライアント(医院)に寄り添い、考えて提案して頂けるためです。
この場をお借りして、Mr.歯科事務長のチーム力に感動した話をお伝えしたいと思います。私の個人的な友人のご子息が、東京で私立中学に通い、寮生活をしておりましたが、歯の調子が良くなく学校医に診てもらったものの、親子共に不安が残る状態で、お母さまから相談を受けました。
事務長さんに経緯を話したところ、Mr.歯科事務長チームの皆さんに拡散してくださり、学校近辺の歯科医院情報を即座に提供くださいました。土地勘のない者への細かな交通情報、どのような理由で、その歯科医院を勧めるのか等、情報内容が濃く、まさに相手を常に考え伝えることができるチームだと痛感しました。一見すると業務には関係ないことですが、Mr.歯科事務長チームの人となりを感じ、ますます御社への信頼を深めた出来事でした

◆導入を検討している方へのアドバイス
院長の思いを共有してくれて、未来に向けて、一緒に歩んでくれるブレインを探している先生に強くお勧めします!

開業直後からロケットスタートするために

dr_yonezawaclover

米沢クローバー歯科クリニック 小松 卓義先生
山形県米沢市ご開業 ユニット数:5台 スタッフ数:7名
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://www.yonezawa-clover.com/

◆導入のきっかけや理由
元々開業した時に経営の知識やノウハウに不安があったため、経営のコンサルタント会社を探していました。その時に以前からの知人でした現在事務長をお願いしています山田さんからMr歯科事務長への転職のお話を聞いて興味がわいたのでご紹介いただいたのがきっかけです。

◆導入前に迷ったこと
開業当初だったので金額的なことが検討材料でした

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
開業当初からお世話になっています。開業時初めて経営者となった当初、常に迷いながら経営をしていました。
正しいのかどうなのかをアドバイスしてもらい背中を押していただくことがとても心強かったことを思い出します。現在もなにか迷ったらまずご相談させていただいています。相談相手がいることは孤独な経営者にとってとてもいいシステムだと思います。

◆導入を検討している方へのアドバイス
私共歯科医師は経営に関しては素人だと思います。学ぶことも大切ですが経営に関しての専門家としてのサポートがあれば経営のストレスも減るのではないでしょうか

事務長を活用してる医院と、そうでない医院は相当な差が出てくるんだとろうと。今考えるとゾッとします。。

dr_yougadental

用賀デンタルオフィス 蒔田 知也先生
東京都世田谷区開業 ユニット数:5台 スタッフ数:11名
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://yougadental.jp/

◆導入のきっかけや理由
自分だとなかなか難しい医院にとっての第二領域の仕事ができないことにストレスを感じていました。そんなときにすでに導入している友人の先生から、専門の方がそういった仕事や課題の解決の手助けをしてくれるサービスがあることを知り、「絶対やった方が良い、それもすぐやったほうがいいよ」と言われて、話を聞いてみようと思いました。

◆導入前に迷ったこと
導入しようと思ったときに、実際のところ何を頼んだらいいんだろう、という気持ちはありました。また、自分は一緒に仕事をする人との相性を大事にしているので、どういう担当の人がくるのか、その事務長とうまく仕事できるのか、当然ながら事務長といわれる人と仕事をしたことがないことは大きな不安でした。

◆導入後の感想(お褒めの言葉、良かった事)
実際に導入してみると、思った以上に仕事のスピードが速く、「友人の先生が言ってたのはこういうことだったんだ!」というのが実体験としてすぐに分かりました。事務長を活用してる医院と、そうでない医院は相当な差が出てくるんだとろうと。今考えるとゾッとします。。また担当の事務長は相談相手としても力になってくれています。客観性をもって今医院にとってなにが大切かを伝えてくれるので、やらなければならないことが明確になりました。
また悩みや課題に対して、事務長も一緒に考えてくれること、上からでも下からでもなく、対等な立場で、こうよりもこっちじゃないか、ちょっと違うときは違う、と正直な意見を伝えてくれることは心強いです。孤独感がなくなり、自分の気持ちを安定的にしてくれます。相談役が増えるのは何事にも代えがたい宝と言っていいでしょう。
また担当事務長ひとりの能力だけでなくて、MOCALという会社のリソースを活用できるので、手厚いサポート力を感じてます

◆導入を検討している方へのアドバイス
このMr.歯科事務長サービスは正直やってみないと、本当の良さって分からないと思います。やったことない先生がほとんどだと思いますから。ですので、悩まれている先生はとりあえず月1回からでもやってみるとよいと思います。
ただ簡単に他の人にはあまり教えたくないんだよな~というのが本心です(笑)
「どこもかしこもMr.歯科事務長が入っているが当たり前」みたいになると当院が差別化できなくなりますし、当院の競争力が減っていく気がするので…複雑な気持ちです(笑)

とにかく、心強いです。孤独な院長の相談役です。困ったこと、わからないこと面倒なことすべて一度丸投げしてます。

しのはら歯科医院 篠原 茉莉先生
大阪府枚方市ご開業 ユニット数:3台 スタッフ数:約7名
Mr.歯科事務長訪問回数 1回/月
https://shinohara-8020.com/

◆導入のきっかけや理由
ハーモニック様からの紹介。
DHについて悩んでいた時に相談したら、紹介してもらえました。何を中心に頼んだか忘れましたが求人と、内部のいざこざの解消だったと思います。

◆導入前に迷ったこと
一番に費用です。それだけ支払うことで、自分の給与分が少なくなるので、続けることができるか?と期間限定でなら始められた。また、成果が得られなかった時にどうするか?と不安だったが、成果のある話しかされなかったので、心強かった。

◆導入後の感想
とにかく、心強いです。孤独な院長の相談役です。困ったこと、わからないこと面倒なことすべて一度丸投げしています。叩き台が返ってきたら、事が進みます。話をしているうちに頭がまとまります。スタッフには、頼みにくいことも快くすぐさま引き受けてくれます。情報量が多いので、質問の回答も幅があってわかりやすいです。特に他の歯科医院の事例を教えてもらえるのが、参考になります。

◆導入を検討している方へのアドバイス
自分が分身したかのように、手足が増えたかのように今まで、滞っていたことや問題がサクサク解決していきます。期間限定で始めてみて、そのまま気に入れば継続すればいいと思います。とにかく、忙しい院長を助けてくれて、時には足りない人材にもなってくれて、素晴らしい秘書のような事務長ですね。

スタッフを事務長レベルに育てるのは難しいことです。でも、外部で頼めるのですから、迷わずMr歯科事務長に頼むべきと思います。

A歯科医院様
東京都八王子市開業
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

◆導入のきっかけや理由
デントネットを導入するときに紹介していただきました。 採用のことで困っていて、すぐに連絡をいたしました。

◆導入前に迷ったこと
全く迷いはなかったです。 自分たちではどうすることも出来なく、本当に困っていたときなので、何も迷うことなくお願いいたしました。

◆導入後の感想
救世主です。採用の際は、短時間で的確に対応していただき、応募も多く本当に嬉しかったです。以前はコンサルタントの方にもお願いしておりましたが、コンサルタントの方とは違い、一緒に取り組んでいただいている感があります。 歯科現場を経験されている方なので、実際の現場の立場から細かなアドバイスやスタッフともしっかり向き合って面談を行っていただけています。 困ったことは何でも相談させていただいています。どんなことを聞いても、丁寧に教えて下さいます。何を聞いても大丈夫と言う安心感から、精神的にも助かっています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
規模が大きくなるに従って、院長がやるべき仕事に力を注げなくなります。そうなると事務長がいると助かると思いますが、スタッフを事務長レベルに育てるのは難しいことです。でも、外部で頼めるのですから、迷わずMr歯科事務長に頼むべきと思います。

実際にいただいた院長先生からの『よろこびの声・お褒めの言葉』

8月から開始した事務長サービス、本当に、やってよかったと思っております。事務長がいなかったら・・・と思うと、ゾッとします。

今後も、まだまだ医院の基礎的なシステム構築の面、環境整備の面、マーケティングの面で、協力していただきたいと思っております。橋本事務長には、いつも、多くの要望を伝えまくっておりますが、本当に丁寧な応対と、素早い行動で、感心しきりです。私ばかりでなく、スタッフも皆、事務長の仕事への姿勢や、丁寧な仕事の進め方に感心しております。(東京都 S先生)

歯科専門の経営コンサルタントが1年入っていましたが、Mr.歯科事務長を2ヵ月利用した時点で、すでに同じぐらい仕事が進んでいます(千葉県 T先生)

スタッフの採用が順調に進んだのも、Mr.歯科事務長のおかげです。

専任の事務長もいいと思いますが、わたしは外部の方だからこそ良いと思っています。内部の事務長の場合、結局、院長の配下ということでスタッフに見られますが、アウトソーシングだからこそ、客観的なアドバイスや情報として、スタッフの納得性も高まります。(東京都 I先生)

桑田佳祐は天才的なアーティストだが、譜面が書けない。譜面に落とし込む欠かせないパートナーが原ゆうこ。「僕にとって事務長は、『原坊的な存在』です。(東京都 A先生)

一時はどうなるかと思いましたが、当院がリニューアルできたのも、Mr.歯科事務長のおかげです!(東京都 T先生)

迷ったときや、弱気になっている時に事務長の言葉が心強い!(東京都 T先生)

滞っていた仕事が片付き出し、長年困っていた便秘がすっきりするような感覚です!(神奈川県 T先生)

過度に儲ける気は無いけど 明るく楽しく元気よく 仕事も余暇も充実させたい。
そんな中で Mr.歯科事務長さんに活躍頂いています。カユい所に手が届く、スタッフに聞きづらい事もワンクッション、お世話になっています。(こみや歯科医院 院長 古宮秀記様 http://www.wahaha.gr.jp/