スタッフ紹介

業界経験を活かし、中長期的に価値あるサポートを提供してまいります

宮原 寛行Hiroyuki Miyahara

福岡県出身 血液型O型
高校野球名門高校で熱血球児として熱い青春を送る。
福岡大学経済学部卒業後、オーストラリアに語学習得のため、2年3ヶ月滞在。
異文化のなかで自己を見つめ、英会話を学ぶとともに、人間性とコミュニケーション力を磨く。
帰国後、歯科医院向けコンピューターシステムのコンサルティング営業に従事。
真摯かつ責任感を持って顧客の問題解決に取り組む姿勢から、院長やスタッフから信頼も篤く、若手No1営業として活躍した経歴を持つ。

スタッフ紹介はこちら

業界経験を活かし、中長期的に価値あるサポートを提供してまいります

私はこれまで、歯科医院向け予約管理システムのコンサルティング営業に従事してまいりました。 そこでは、歯科経営に直結している「予約管理」を起点にした様々な問題点・悩み解決のために、多くの院長、スタッフ様に細かなヒアリングと医院状況に合わせた提案を重ねながら、予約管理面でのサポートをさせていただきました。
全国の歯科医院の院長・スタッフ様に喜んでいただき、お付き合いさせていただく中で、経営面・実務面に渡って多くの勉強もさせていただきました。 しかしその反面で多くの先生方が経営管理、組織運営、スタッフ管理等で悩んでらっしゃることを知ったのも事実です。
これまでは予約管理システムのコンサルティングを通じて多くの歯科医院の業務改善に取り組んでまいりました。 今後は「アウトソージング歯科事務長」という立場から、院長の価値観・悩みを共有し、更なる責任感と実行力をもって、システム営業では踏み込めなかった、もっと幅広い視点から医院様の中長期的なサポートをさせていただきたいと願っております。
そして、この「Mr.歯科事務長サービス」を通して、私のこれまでの経験と知識を活かしながら、院長の目指すビジョンの実現、スタッフ様がもっと活躍できる仕組みづくり、患者様の笑顔の創造、そして歯科医院の継続的な発展を使命とし、全力で取り組んでいく所存です。

徹底した戦略的思考で的確に提言する、経験豊富な「参謀」。同時にハイレベルな「実務能力」を持つプロフェッショナルマネジャー。

河島 康一Koichi Kawashima

茨城県出身 血液型A型
早稲田大学教育学部卒業後、大学受験予備校業界でマネジメント・マーケティングの基礎を学ぶ。 30代になるのをきっかけに医師専門人材紹介業界へ転身、キャリアコンサルタントをへて経営企画に従事。人材紹介業では異例ともいえるCRM(歯科医院でいうリコールのような、リピート戦略)の仕組みを作り、年間数千万円規模の経済効果の創出に成功する。 その後、資格ビジネス業界での事業部長職を経て、医療法人の統括事務長に就任。スタッフ150名規模の法人のナンバー2として、5つのクリニックの総務・人事・経理を統括、法人理事長の右腕となる。 「これからはシェアビジネスの時代。それは個人の業務スキルについても同じである。」という想いから、MOCALに参画。アウトソーシングマネージャーとして、関東全域で歯科医院の経営・マーケティング・人事マネジメントに貢献している。

スタッフ紹介はこちら

歯科医院に必要な『マネジメント』とは?

私はこれまで一貫して、経営側の立場としての業務に従事してきました。直近では、複数のクリニックを運営する医科の医療法人で、統括事務長を担っておりました。法人理事長の右腕として、約150名の医療従事者・スタッフを率いながら、人事・総務・経理を統括していました。
Mr.歯科事務長のコンセプトに、「歯科に『マネジメント』を」というものがあります。マネジメントとは日本語で「管理」を意味します。では、歯科医院に必要な「管理」とは何なのでしょうか。
経営の話の中で、よくヒト・モノ・カネという言葉が出てきます。
ヒト・モノ・カネは経営資源と呼ばれますが、経営資源にはもうひとつ「情報(=ノウハウ)」があります。「情報(=ノウハウ)」を駆使し、それをもとにヒト・モノ・カネの使い方を考えるのです。
ヒト・モノ・カネの使い方を考えたら、次はスケジュールを立てます。いつ行うのか、いつまで行うのか、いつ次の段階に入るのか…。ここまで決まれば、あとは実践するのみです。
大切なのは、決めたことがスケジュール通りに進むように「管理」していくことです。
「管理」が無いと、折角新しく始めたことが、やりっぱなしになる・立ち消えになる、ということが起こりえます。そういったご経験、ありませんか?
そうならないとしても、「管理」が不十分ですと、どれくらいの成果が出せたのか?を測ることが難しくなります。
すなわち「管理」とは、「スケジュール管理」のことなのです。
歯科医院に必要な『マネジメント』とは、「情報(=ノウハウ)」を駆使し、それをもとにヒト・モノ・カネの使い方を考え、それがスケジュール通りに進むように管理することと考えます。
『マネジメント』のためには、医院を俯瞰で見なければなりません。それには経営側の視点が必要です。経営側の視点をもって『マネジメント』できる人材が、歯科業界には大いに不足しているというのが実情なのです。
Mr.歯科事務長は、『マネジメント』をもって歯科業界の人材不足に貢献してまいります。

All Staff

スタッフ紹介はこちら

TOPページに戻る