歯科経営支援サービス比較

代表的な歯科医院向け経営支援サービスとMr.歯科事務長の比較を分かりやすくご紹介します。

 サービスポジション比較

サービスポジション比較_20210322

Mr.歯科事務長

経営的な付加価値が高い経営実務、マネジメント領域から事務領域の実務まで院長の補佐として幅広い業務を実行。

経営コンサルタント

マーケティングやマネジメント領域をサポートするがアドバイスや情報提供が中心。院長やスタッフが主に実行。

オンライン事務代行

主に経営的な付加価値の低い事務領域や雑務を代行。フリーランスやパートスタッフが医院の担当窓口となって業務を行う。

 サポート範囲

Mr.歯科事務長 経営コンサルタント オンライン
事務代行
企業 個人経営
サポート範囲 参謀領域 ×
マーケティング
領域
×
マネジメント
領域

(※1)
×
専門領域 × × ×
事務領域 × ×
(※2)

この表は横にスワイプすると、詳細にご覧いただけます

※1 個人志向が強くて独立された方の場合、「上司と部下の結び目として組織を支える」という組織人的な発想や中間管理職としてのマネジメントを不得手にしているケースが多くあります。詳しくは:個人経営のアウトーシングサービスを利用する際の注意点をご覧ください。
※2 オンラインによる事務代行では対応できる業務に制約があります。詳しくは「オンライン事務代行との比較」をご覧ください。

 サービス比較

Mr.歯科事務長 経営コンサルタント オンライン
事務代行
企業 個人経営
利用しやすさ
(訪問orオンライン)
×
カスタマイズ
(画一的or個別対応)

(※1)
ノウハウ・情報量
(※2)

(※3)
実務の実行
(実務をどこまでやって
くれるか?)
×
(※7)
×
(※4)
費用
(※5)
安定性・継続性 ×
(※6)

この表は横にスワイプすると、詳細にご覧いただけます

※1 経営コンサルサービスは、画一的なノウハウや手法をもとに経営支援を行うケースが多いようです。Mr.歯科事務長は院長の固有のビジョンを実現するためにフルカスタマイズサポートを行っています。(別途、標準的なノウハウや手法を必要としている方には「課題別プラン」をご用意しています)

※2 個人経営の場合、お客様に提供できる情報やノウハウは、その方個人の経験、スキル、情報量の範囲を超えることはありません。Mr.歯科事務長では20名以上のスタッフが歯科医院様のサポートを行い、様々なノウハウや情報を社内に蓄積、共有しています。さらに「マーケティング」や「マネジメント」「事務」など一般的な経営支援だけでなく、「接遇」「レセプト」「訪問歯科」「新規・個別指導対応」など専門領域のサポートまで、幅広いノウハウ提供を行っています。

※3 オンライン事務代行では、事務領域の限られた範囲ではノウハウや情報が蓄積されますが、マーケティングやマネジメント領域など、経営的な付加価値の高いノウハウや情報提供は期待できません。詳しくは「オンライン事務代行との比較」をご覧ください。

※4 オンライン事務代行では、「事務領域の実務」を実行しますが、オンラインの制約があるため負担軽減範囲も限られています。また、マーケティングやマネジメント領域など、経営的な付加価値の高い領域については、そもそもコンセプトに含まれていないため期待できることは多くないと言えます。詳しくは「オンライン事務代行との比較」をご覧ください。

※5 オンライン事務代行のサービス料金は、他の経営支援サービスとの絶対額を比較をすると安価に設定されています。これは事務・雑務のアウトソーシングをコンセプトにしたサービスであり、経営的な付加価値の高いマネジメント領域より安価なのは当然と言えるでしょう。弊社のこれまでの経験上、「自医院にとって本当に必要なサポート、期待する成果は何か?」という観点から考えた場合、単なる事務・雑務の代行ではなく、マネジメント領域に課題があるケースが多くありました。これらを踏まえ、「費用対効果」の観点から見た「サービス料金」の比較をお勧めします。詳しくは「オンライン事務代行との比較」をご覧ください。

※6 オンライン事務代行では、他のサービスと比較して「絶対的な料金設定」が安く設定されています。企業経営の原理原則では「中小企業が単価の低い事業」を選んだ場合、「事業継続のコスト」を賄うことが困難になるケースが多いと指摘されています。
Mr.歯科事務長は、付加価値の高いマネジメント領域のサポートを行うことで、費用対効果相応の費用をいただき経営の継続性、安定化を図っています。絶対的な料金比較では「Mr.歯科事務長は高い」と感じられる方がいらっしゃることもも想定されますが、お客様や業界への責任という観点から、こうした価格設定を行い、それに見合ったサービスクオリティを維持すべく、様々な投資や社員のレベルアップを図っています。詳しくは「オンライン事務代行との比較」をご覧ください。

※7 詳しくは「経営コンサルタントとの違いは?」をご覧ください。

Mr.歯科事務長が
「歯科経営支援サービスのファイナルアンサー」であると考える理由

  • 原則、訪問してサポートを実施しているため、院長やスタッフ様にとって仕事が進めやすい。(ユーザービリティ
  • 画一的なサポートではなく、院長の想いに寄り添い、フルオーダーメイドのサポートしている。(オーダーメイドサポート
  • 画一的なサポートではなく、院長の想いに寄り添い、フルオーダーメイドのサポートしている。(オーダーメイドサポート
  • スタッフ数が多くノウハウが蓄積されている。(ノウハウ・組織力
  • 開業支援、接遇マナー、訪問歯科立ち上げ、レセプト、指導対応などの専門領域までサポートしている。(専門性
  • 企業で提供しているためサービスの安定性・継続性が高い。(安定性・継続性