医院経営の「過去・現在・未来」の実務をサポートしてくれる頼もしいパートナーです
…オリーブ歯科 安藤 如規先生

 法人化を機に、事務長業務をアウトソーシングしました
…ナオデンタルクリニック 高峰 直努先生

 私とMr.歯科事務長は最高のバッテリーです!
…青山デンタルクリニック 青山大樹先生

 そこに居る安心感 心強い経営参謀
…平和歯科クリニック 金澤徳幸先生

 『医院の発展のために良いものを積極的にどんどん取り入れたい!』そんな先生にとって、Mr.歯科事務長サービスは心強い味方になってくれることと思います
…医療法人社団 白優会 三好プリベント歯科 三好弘祐先生

 まだまだ理想や目標があるのであれば、事務長の設置はかなり大きな力になることは間違いありません
…医療法人統鶴会スマイルデンタルクリニック 椎名康雅先生

 「事務長の価値は自分の思い、未来予想図を具体的に形にしてくれるところ」だと言えます。スタッフが15人を超えたら週1でも事務長を雇うべき!
…ウニクス成田歯科 岩松晃弘先生

 たった月2回の訪問で業務を代行しもらうだけで、私には精神的な余裕ができ、今後も診療にチャレンジする意欲が復活しました。
…こみや歯科 古宮ゆう子先生

 この事務長サービスは、専属事務長とは次元の違うサービス。どちらかといえば、より身近なコンサルタントのような存在だと思います。
…はる歯科クリニック 富山幸太朗先生

 マネージメント、マーケティング、院内人事、様々な点で力を発揮してくれる本当に頼もしい存在です
…定村歯科医院 定村正之先生

 経営していく上で、マネジメントは重要。院長一人で十分には出来ないことです。その為にも、事務長は無くてはならない存在だと思います。
…吉野デンタルクリニック 吉野晃先生

 客観的な目で聞いてもらい、見てもらうことが組織には重要です
…早野歯科医院 早野圭吾先生 

 さらにスピード感のある医院改革と成長を手にできることは間違いありません
…田村歯科医院 田村良先生 

 スタッフを事務長レベルに育てるのは難しいことです。でも、外部で頼めるのですから、迷わずMr歯科事務長に頼むべきと思います。
…A歯科医院

 実際にいただいた院長先生からの『よろこびの声・お褒めの言葉』

医院経営の「過去・現在・未来」の実務をサポートしてくれる頼もしいパートナーです

Mr_ando

オリーブ歯科 安藤 如規先生
東京都品川区ご開業 チェア6台 スタッフ12名
Mr.歯科事務長 訪問回数 4回/月
http://www.olive-dc.com/

友人からの評判を聞いて「Mr.歯科事務長」にお願いすることにしました。

当院では、移転後に急成長し、スタッフや患者数が増えたため、 それにともなう、事務タスクや雑用、院内の調整毎も増えてきました。

机の上やキャビネットの中には、 「いつか処理しなければいけない仕事」がたまってゆくばかりだったので、 まずは「過去の仕事」として、 テナント管理上の手続きや人事関連の書類整理、行政関連の積み残しタスクを処理してもらい、気持ちの上でもスッキリとしました。

その次には「現在の仕事」として、 月次の経営データの集計や分析、会計士への提出書類、 スタッフの入退職時の手続きなど、 院長のルーティン業務を移行することで、事務的な負担を減らすことができました。

現在は「未来の仕事」として、 医院の戦略課題(たとえば日曜診療を始めるための体制作りや院内調整等)の実現について、実務への落とし込みを担当してもらっています。

それ以外に大きなメリットを感じているのは、 組織運営や人事マネジメントのサポートです。 院長とスタッフは毎日、日常業務で接しているため、 ある面では馴れ合いになったり、議論が感情的になったりすることがあります。

第三者として事務長がいることで、 院長の声を「ボイスチェンジ」し、客観的な立場から伝えてくれたり、 面談の際に、院長に伝えずらいこと、また院長から伝えずらいことなど、 クッションに入ってもらうことができるようになりました。

このクッションが一つあることで、スタッフマネジメント歯科医師や歯科衛生士の採用活動も二枚構造となり、 人事面でのオペレーションの失敗が少なくなったと実感しています。 これは、院長にとっても、スタッフにとってもメリットがあると感じています。

費用面で迷っている友人もいましたが、 仕事スキルや業界知識のない段階から育てる時間を考えると、 ある程度ざくっと仕事を依頼しただけで理解してくれるので、 忙しい院長にはメリットがあるサービスだとおススメしました。

法人化を機に、事務長業務をアウトソーシングしました

mr_takamine

ナオデンタルクリニック 高峰 直努先生
東京都江東区ご開業 チェア8台 スタッフ12名
Mr.歯科事務長 訪問回数 4回/月

http://www.nao-dental.com/

法人化する際に、できるだけ業務は専門家に委託しようと考え、会計士・社労士・FPなど外部のパートナーを利用することにしました。

しかし、どうしても院内でオペレーションしなければいけないことが多く、業務が滞りがちになっていた時に、このようなサービスがあることを知り、話を聞いてみることにしました。

最初は、新人Dr.よりも費用が高いため「それだけの価値が本当にあるのか?」と躊躇しましたが、お願いして1ヵ月でメリットを感じました。

まずは、いままで滞っていた仕事、気になっていた仕事がスムーズに進むようになった点にメリットを感じています。

例えば、院内のリニューアルや機器の入れ替えの際の調査や業者との調整。ホームページのコンテンツ充実、売掛金の催促、歯科医師や歯科衛生士の採用活動サポート、スタッフとのミーティングの事前準備ととりまとめなど、どうしても自分で管理しきれなかった部分を任せることができるようになり、正直「楽」になりました。

また、課題や今後の展開について、いい相談相手になってくれる点もメリットです。

自分が考えている点を補足するような案を出してくれたり、弱気に考えている時には背中を押してくれたりなど、他の医院との比較を通じた客観的な立場から意見を言ってくれるのは、とても心地よいと感じています。

院長以外はほとんど女性スタッフで運営している歯科医院にとって、心強いサービスだと思います。

私とMr.歯科事務長は最高のバッテリーです!

mr_aoyama

青山デンタルクリニック 青山 大樹先生
神奈川県小田原市ご開業 チェア5台 スタッフ8名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月

http://aoyama-dental-clinic.kamu-come.com/

歯科医師として、医院経営者としてどちらも当然院長がその先頭に立ち日々仕事をしています。医院の成長過程で、院長はみな悩み、模索しながらある意味孤独なものです。

Mr.歯科事務長はそんな院長の仕事における良き女房役を努めてくれています。

特に当院においては、直接的に治療、売上げに関わること以外の業務で、アイデアを形にしていきたいことが山ほどあります。
パンフレット、リーフレット、自費メニュー、オリジナルツール、なども口頭での打ち合わせでも、私のイメージどうりに仕上げてくれます。
多くの医院と関わりをもち、歯科に精通した事務長だからこその仕事力を高く感じています。

煩雑化してくる院内LANシステムの把握やトラブル対応、PCでの顧客情報管理、HP、メルマガ、メーリングリスト等の管理といったITサポートも複数の取引会社様の間に入ってやってくれます。

院長がしなくてもよいことを担ってくれるので私の時間も節約でき、無駄な外注も控えられるようになりました。

ブレインとしても、訪問時は私の考えていること、医院の目標などをじっくり傾聴してくれるので、取り組むべき課題や未来への方向性をその場で共有することができます。コーチングを受けている感覚です。

「緊急で重要な事」はもちろん、「緊急でないけど重要な事」を確実にカタチや結果に結びつけてくれるので、月2回のサポートでも大変満足しています。

実は、院長のパートナーであるMr歯科事務長は医院スタッフにとっても、とても頼りになる存在のようです。
院内イベントでは、写真撮影やムービー作成までお願いできました。
院長から任された仕事で困っていることのアドバイスからサポート。そして雑務やPCスキルの伝授そしてプロジェクトのサポートなど、スタッフの仕事力を上げる縁の下の力持ちになっているようです。

医院を成長させたいと考えている院長、医院にとって、このMr.事務長が役に立たないということはまずあり得ないでしょう。
すぐに実感することと思います。

そこに居る安心感 心強い経営参謀

kanazawasensei

平和歯科クリニック 金澤 徳幸先生
北海道札幌市ご開業 チェア6台 スタッフ20名
Mr.歯科事務長訪問回数 4回/月

http://heiwa-shika.com/

開業して5年。日々走り続けて、少しずつ医院の業績も伸びてきました。しかし、それと比例して、自分の時間がどんどんとなくなっていきました。目標に向かってその先へ進むためには、自分一人の力では限界を感じていたのです。

○コンサルタントに依頼しよう!
→でも、天邪鬼の自分は、外部からあれこれ言われたくない(笑)
○仕組みが大切だ!
→アイデアがあっても、形にする時間が全然ない(泣)
こうして、手詰まり感いっぱいで、不安だけがどんどん募る中、出逢ったのが『Mr.歯科事務長』のサービスでした。

僕が一番「これだ!」と思ったのは、『事務長の対応できる範囲が幅広いこと』でした。白川さんは多種多様な要望に応えることが出来るのです。
僕の場合は、『想いを形にしてくれる伴走者』、『経営力を強化する経営参謀』としての事務長を求めていたのですが、白川さんは、正に適した人物で、押し付けること無く、僕の想いをしっかり聞いてくれた上で、依頼したことを形にしてくれています。

2016年一年で、『就業規則の見直し』、『HP全面リニューアル』、『採用強化』という大きなテーマを形にすることができました。特に『採用』については、歯科衛生士2名、受付1名を過去一番早く採用することができ、内定をだすことができました。非常に安心・満足しています。
また、これらの業務を進めるにあたり、外部(社労士、会計事務所担当者、歯科衛生士専門学校など)との連絡も密に、素早く取ってくれるので大いに助かりました。(自分が非常に苦手な項目なのです)
もちろん、他の細かい依頼にも随時応えてくれます。「オススメの書籍を教えてほしい」、「マナー講習を受けたい」、「スタッフ向けに医院経営について話しをしてほしい」。時には「プリンターが壊れた」ということも解決してくれます。

今では、僕だけでなく、当院スタッフも『困ったら、事務長に聞いてみよう!』と口にする程です。
さらには、事務長とのミーティングにおいて、「今後、どうしていきたいのか」をたっぷり聞いてもらい、自分で再確認するという『コーチ』的な役割もしてもらっています。
『理念やビジョンのもと、やりたいことがいっぱいあるのに時間が無い。』そのような院長先生には不可欠なサービスだと思います。

『医院の発展のために良いものを積極的にどんどん取り入れたい!』そんな先生にとって、Mr.歯科事務長サービスは心強い味方になってくれることと思います

三好先生

医療法人社団 白優会 三好プリベント歯科  三好 弘祐先生
北海道札幌市ご開業 チェア8台 スタッフ19名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月

http://www.mpd1122.com/

どんな理念をもって歯科医院を経営するかにより、歯科事務長さんとのかかわり方は変わってくると思います。
私は、Mr.歯科事務長サービスを通じて、全国的なネットワークのあるMOCAL社から得られる情報と、担当事務長である白川さんが持つ経験・知識・情報を得られ、医院経営に活かせることに価値があると感じています。どんなに理念やビジョンを持っていても不安になることはあります。

自分が考えていることや目指していることの方向性が、「世の中のニーズとズレていないか?」「自分の独りよがりになっていないか?」
ということは常に頭の中にあり、それを確認する材料として、自分とは異なる視点から意見を頂けることがとても有難いと思っています。

『医院の発展のために良いものを積極的にどんどん取り入れたい!』そんな先生にとって、Mr.歯科事務長サービスは、心強い味方になってくれることと思います。

まだまだ理想や目標があるのであれば、事務長の設置はかなり大きな力になることは間違いありません

椎名先生写真

医療法人統鶴会スマイルデンタルクリニック 椎名 康雅先生
千葉県船橋市ご開業 チェア9台+8台 スタッフ約40名
(サービス訪問回数 2回/月)

http://www.smile-dental-clinic.com/index.html

当院では、主にマーケティングと人事関連でのサポートで活用しています。

分院である小児歯科の立ち上げ時には、WEB関連のマーケティングはもちろんのこと、近隣の保育園や産婦人科への告知活動をしてもらいました。
現在は、矯正の集患を、専門業者と一緒に進めてもらっています。

また当院には専任の事務長もいますが、人事関連では、給料や労務、人間関係のデリケートな部分などを担当してもらっています。
この部分こそ、アウトソーシングの強みの一つだと感じています。

代表である今野さんとは前職時代からのお付き合いで、人間的に信頼できますし、こうしたサービスを選ぶ際には、やはり「人」と「人」という視点が大事だと感じています。

今野さんは、僕が1つ上にあがれるかどうかっという時に、必ず助けてくれます。

まだまだ理想や目標があるのであれば、事務長の設置はかなり大きな力になることは間違いありません。

「事務長の価値は自分の思い、未来予想図を具体的に形にしてくれるところ」だと言えます。スタッフが15人を超えたら週1でも事務長を雇うべき!

ウニクス岩松晃弘先生

ウニクス成田歯科 岩松 晃弘先生
千葉県成田市ご開業 チェア8台 スタッフ約18名
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

http://www.unicus-dental.com/

◆導入のきっかけや理由
一つは、規模が大きくなる中で診療以外の仕事が滞っていたことが一つ、(スタッフ面談や採用業務、HPリニューアル、院内掲示物の整備など)
もう一つは、分院立ち上げが今後の構想の中にあり、そのためにはマネジメントや、分院立ち上げの際の実務面で事務長が必ず必要だと思ったことが大きな導入の理由です。
とはいえ専属事務長を雇うのも難しいので、アウトソーシングに委託してみようと思いました。

◆導入前に迷ったこと
もちろん初めてのサービスですので、月4回訪問で何ができるのか、どこまでできるのか、といった漠然とした不安は正直ありました。

◆導入後の感想
当院では月1回のコンサルタントも入っていますが、コンサルタントと違って月4回来てもらえるので、事務長がくるその4回の日に集中して医院にとって大事な第二領域のことを一緒に考えたり、進めるための時間が取れたことが何より大きいです。
また当院ではスタッフ面談で、スタッフの状況把握や意見の吸い上げをやってもらっていますが、経営者視点をきちんと考慮しつつ院長とスタッフ間の中立としてのバランスを保ちながらやってもらっています。

良く聞く話ですが、専属事務長の場合得てしてスタッフ側の意見に傾倒しはじめ、事務長の存在が逆効果に働くこともありますが、
院長視点、経営者視点を理解してくれながら進めてくれる点は、アウトソーシングの大きなメリットだと感じています。

中立という意味では、やはり医院を客観的に見てもらえるので、出来ていないところ、課題点をピックアップしてもらえることも大きいです。時には耳が痛い?ことも言われることがありますが、医院が成長するために必要なことと捉えています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
これまでコンサルタントを雇った方はいらっしゃるかもしれませんが、事務長サービスはこれまで使ったたことがない方が多数だと思いますので最初は不安だと思います。

コンサルは今後の道筋をつけてくれますし、ノウハウは提供してくれるので、その点の価値はありますが、実際にそれらを自医院に落とし込めるかどうかは院長やスタッフの力量次第ということがどうしてもあります。

しかし事務長がいることで、ツールやノウハウを実際に形にして自医院に落とし込んでくれるので、言わば「事務長の価値は自分の思い、未来予想図を具体的に形にしてくれるところ」だと言えます。スタッフが15人を超えたら週1でも事務長を雇うべき!ですね。

車を買い替えるのを少し待って、まずは1年間やってみてはいかがでしょうか?

たった月2回の訪問で業務を代行しもらうだけで、私には精神的な余裕ができ、今後も診療にチャレンジする意欲が復活しました。

こみや歯科

こみや歯科 古宮 ゆう子先生
東京都葛飾区ご開業 チェア5台
Mr.歯科事務長訪問回数 月2回

http://www.wahaha.gr.jp/

◆導入のきっかけや理由
当院は開業して現在に至るまでに、過去にはユニット台数やスタッフ人数を拡大してきました。しかし、20年以上経過して、スタッフの結婚、出産、親の介護を機に退職者が毎年に出て、人材確保に難航し始めた頃、我々も年齢を重ね体力が落ち、その上、院長は歯科医師会の公務が忙しくなりました。私副院長はスタッフ間の調和、スタッフと院長との軋轢を解決する方法を模索し、悩んでいた時期でした。そこで、人事マネージメントを代行していただけるサービスを探しました。今野様とは以前の会社サービスからのお付き合いがあり、まずは門を叩いて助けを求めた次第です。
導入してまる3年が経ちます。実際、人事確保は非常に難しいのですが、診療を縮小傾向にし、現況に合うシステムに変更することを事務長に確認してサービスを開始して頂きました。

◆導入前に迷ったこと
私は、事務・経営・労務に関してある程度は理解し24年間遂行してまいりましたので、経営や業績向上を目的としてではなく、人事に関してどのような方法で解決していくのか、アウトソーシング形式のサービスのシステムや内容を知らなかった事くらいです。

◆導入後の感想
まず、第一に、人材確保のために求人を出して、応募者が来る際に、診療中に電話を取り面接アポをとること、実際に面接し見学に立ち会うことなどが、私にとって非常に負担になっていました。また、対人間なので、色々なタイプの応募者に会い、面接時と実際に勤務し始めた時のギャップに精神的にダメージを受けていました。(詳細は割愛)今は、すべて事務長に代行していただいているので本当に助かっています。また、事務長は、私の様に感情移入すること無く、第三者的な目線から判断していただけるので、的確なアドバイスをして下さいます。

もちろん、募集広告の掲載、ハローワークへの問い合わせなど多岐にわたり行っています。
第二に、訪問時にはスタッフ面談をして、現スタッフのメンタル面のフォローや、モチベーションの維持に携わっています。院長には直接言いにくいことを、事務長が傾聴し的確なアドバイスをして下さっている様です。副院長兼事務長をしていた 私の一番いやな業務をすべて引き受けて下さっているので、申し訳ないくらい感謝しております。
第三に、人事面の代行サービスのほかに、ITにも詳しいので導入しているパソコンのシステムなどを管理し、経理ソフト入力の一部を私の代わりにお願いしています。
以上の業務をたった月2回の訪問で行って頂くだけで、私には精神的な余裕ができ、今後も診療にチャレンジする意欲が復活しました。

◆導入を検討している方へのアドバイス
導入目的によっても違うかもしれませんが、費用面で検討されている方にアドバイス。お金では買えないサービスを提供して下さいます。それが決め手です。

この事務長サービスは、専属事務長とは次元の違うサービス。どちらかといえば、より身近なコンサルタントのような存在だと思います。

はる歯科-富山先生

はる歯科クリニック 富山 幸太朗先生
神奈川県横須賀市ご開業
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

http://www.haru-dental.com/

◆導入したきっかけ
医院規模・スタッフ数が多くなり事務的な仕事をする時間がなくなってしまったのと、経営相談や診療ではない経営の部分のできるスタッフが必要 と考え事務長を探していたところ、ネットでこのサービスを見つけました。

◆導入にあたって悩んだ部分
1番は医院の雑務なども必要なのでやはり毎日いる事務長のほうがいいのではないかという点と、そこに関わるコストが一般的に雇う事務長よりも高い点で悩みました。

◆導入後の感想
最初月に2回から始めました。初めてすぐに事務的な仕事、院内のポスターや配布資料づくりなどひとりでおこなっていた時と比べ格段に完成までの時間が早くなり、自分の時間が作れるようになったことが良かった点です。
導入後すぐに医院規模も大きくなったため、増築の準備や家具を組み立ててもらえたりすることでクリニックを休診にせずスムーズに増築オープンできたことも大きなメリットかとおもいます。それに伴い事務長サービスも月に4回に増やし、医院マーケティングを相談できたりHP業者などとのやりとりを専門的な知識がない自分が行うよりもスムーズですし、経験がある事務長に対応してもらえることで自分一人では対応しきれない隅々まで事務長が考え業者対応してもらえるところも良かった点です。
今考えてみるとこの事務長サービスは雇用する事務長とはそもそも次元の違う比較するものではないと思えます。どちらかといえば、より身近なコンサルタントのような存在ではないでしょうか。一般雇用する事務長にこのような専門的な知識を身につけてもらうには相当な時間と費用もかかりますし、すごく閉鎖的な視点しか身につけることが難しいかと思います。事務長サービスは他院のさまざまな先生方の仕事を手伝っているからこそ、自分にはないアドバイスをもらえ、より視野の広い経営につながるのではないかと思います。
今では自医院にとって必要不可欠な存在であり、クリニックの一つの歯車ではないかとおもいます。

◆検討している先生方へ
最初は自医院の考えやなにをしてもらいたいのかが明確にないこともあるかと思いますしうまく伝わらないこともあるかもしれませんが、担当事務長は必ず院長の思いをよく考え汲み取ってくれます。長く続けて来てもらうことで要望を出さなくとも今クリニックに必要なことを事務長が考え行なってくれます。コスト以上のパフォーマンスは絶対にあります。
とにかく長く担当事務長と長く付き合い思いをぶつけることがうまくこの事務長サービスを利用するポイントではないかと思います。

マネージメント、マーケティング、院内人事、様々な点で力を発揮してくれる本当に頼もしい存在です

定村歯科医院 定村正之先生

定村歯科医院 定村 正之先生
東京都杉並区ご開業 チェア10台 スタッフ約30名
Mr.歯科事務長訪問回数 月12回
http://www.sadamura4618.com/index.html

◆導入前のきっかけ
臨床現場での歯科医師としての仕事と、事務的な仕事の両立を叶えたいと考えていたタイミングで、MOCALさんの紹介チラシが目につき、すぐに連絡をいたしました。今までにない形態のサービスでしたので、正直不安も大きかったのですが、当時の医院の状況では、とにかく、事務の強化と、医院の人事、自分自身の時間の確保などの課題が急務になっていたので、急いで連絡をさせて頂いたことを思い出します。今となって思うのは、早い行動が正解だった!という事に尽きます。

◆導入前に迷ったこと
それまでは、コンサルタントに色々とアドバイスをいただきながら医院の運営を行っておりましたが、実行力という点では、実際に医院に入り込んでいただき、一緒に現場で実行までしてもらえるという点が魅力でした。ただ、未知数な事も多々あり、不安も半分ありました。ただ、導入するという事に関しては、あまり悩まないで、とにかくお願いして、もし相性が悪ければ仕方がない・・・という覚悟でお話をお伺いするアポイントを取ったことを思い出します。実際に、今野様に医院に来ていただき、色々とお話をお伺いしたり、こちらの求めていることを率直にお伝えしたところ、非常に明確な方向性を示していただくことが出来、すぐに導入を決断しました。その後、担当になる橋本事務長を紹介いただき、実際の業務が始まった次第です。

◆導入後の感想
それまで止まっていた事務系の仕事が次々に解決していく様が圧巻でした!ただ、事務長が加入したことで、私だけでなく医院スタッフも、お願いしたいとため込んでいた多くの課題が噴出し、仕事の幅が毎月拡大していく状況でした(今現在も、拡大中です)。
事務的な仕事は勿論ですが、医院スタッフにとって、事務長の存在が非常に有効に働いております。具体的には、院長との会話が非常に限られてしまう中、個人個人の悩みや相談事、希望などを受け止めてくれる窓口としての機能が、非常に大きな存在になっております。

若いスタッフにとっても、ベテランスタッフにとっても頼もしい存在になっております。さらに事務方の仕事も、事務長が加入したことで、役割分担が明確になったり、ダブルチェックできるようになったりと、有効に機能しております。マネージメント、マーケティング、院内人事、様々な点で力を発揮してくださりますので、本当に頼もしい限りです。なかなか、やりたいなあ・・・と思いつつできなかったことが実現できるようになったことが本当にうれしいです
今後は、MOCALさんの更なる成長で、歯科業界全体の活性化を巻き起こしてくださるものと大いに期待しております!!

◆検討中の方へのアドバイス
導入を検討しているという事は、何か医院に足りないものがあるという事ですので、その足りないものを率直にMOCALさんに相談してみてください。どのように解決してくださるかを説明して頂き、納得できれば、間違いなく導入したほうが良いと思います。

いわゆるコンサルタントとはカラーが違いますので、今までコンサルタントに指導をしてもらっていた医院さんにも、非常に有効だと思います(コンサルタントとしての機能も十分にありますし、何よりも、一緒に医院で苦楽を共にしてくださるという点が素晴らしいです!
費用対効果を懸念される方もいると思いますが、時間が捻出できるという事を考えますと、必要なコストと考えてよいと思います。様々なプランがあると思いますし、医院側の希望にも柔軟に対応してくださる会社ですので、まずは、相談をしてお話を伺ってください!

経営していく上で、マネジメントは重要。院長一人で十分には出来ないことです。その為にも、事務長は無くてはならない存在だと思います

吉野晃先生

吉野デンタルクリニック 吉野 晃先生
ユニット:7台 スタッフ数:常勤12人、非常勤12人
Mr.歯科事務長訪問回数 2回
http://www8.plala.or.jp/ay-dent/

◆導入のきっかけや理由
規模が大きくなり、スタッフの人数も増え、どうにかしたいと思いいろいろ探していて、Mr.歯科事務長を見つけました。

◆導入前に迷ったこと
コストです。費用対効果を考えました。
助手1人を常勤で雇うことができる金額です。助手を教育して育てていくことも可能と考えました。

◆導入後の感想
一言で言って、本当に助かっています。当院では、マネジメントをお願いしていますので、人選でも助かりました。女性の世界ですから、年上の女性から叱られることも必要です。歯科経験も長い方なので、スタッフもしっかり向き合い、理解を示しています。
定期的に面談をしていただき、第三者だからこそ聞きだせることや、伝えていただくことによってスタッフの成長に繋がっていると思います。最近では、スタッフの方から相談を持ちかけています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
長期的に見たら医院経営には、第三者の目が必ず必要です。
コストが分かれ道になると思いますが、一歩踏み出す勇気が必要です。これからは、人材こそ最大の武器です。経営していく上で、マネジメントは重要。院長一人で十分には出来ないことです。その為にも、事務長は無くてはならない存在と思います。
事務長に来ていただくにも、最大限生かせるのも医院次第。コミュニケーションをしっかり取り、一番の理解者になってもらうことです。

客観的な目で聞いてもらい、見てもらうことが組織には重要です

早野圭吾先生

早野歯科医院 早野 圭吾先生
ユニット数:7台 スタッフ数:常勤8人、非常勤4人
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
http://www.hayano-dc.com/

◆導入のきっかけや理由
DMと椎名先生のFBで知りました。
調度その頃に、事務長が必要と感じていました。スタッフは、人数も少なく、まだ育っていない。と、言う状況だったので、外部で頼める事務長がいたらと考えていました。

◆導入前に迷ったこと
全く迷いはなかったです。
お願いする前までは、マーケティング会社にお願いしていていました。取り組み方は理解し基盤が出来たので、次の段階として内部強化と考えていました。

◆導入後の感想
歯科医院は女性社会なので、院長に直接言えないことやスタッフ間で言えないことを、第三者の方だからこそ話せることと思います。
あとマネジメントは、組織内で何とかしようとするのは無理だと思っています。客観的な目で聞いてもらい、見てもらうことが組織には重要です。
面談もやりっぱなしではなく、事務長がきちんとフィードバックして下さるので状況を把握できます。
昼休みを挟んで訪問していただいているので、診療中面談できないスタッフは、事務長の所でお昼を食べながら相談しているスタッフもいます。

◆導入を検討している方へのアドバイス
小規模の間は、院長だけでも何となりますが、中規模になった時点で、院長だけでは賄えない。スタッフにはまだ任せられない。と思う時がきます。そうした場合は迷うことなく、Mr歯科事務長を頼むべきだと考えます。

さらにスピード感のある医院改革と成長を手にできることは間違いありません

田村良先生

田村歯科医院 田村 良先生
ユニット数:5台 スタッフ数:常勤6名 非常勤3名
Mr.歯科事務長訪問回数 2回/月
http://www.tamura-dental.com/

◆導入のきっかけや理由
医院を移転する時から業務が煩雑になり、事務系の仕事のうち委譲できるものは、スタッフに任せるようにしてきました。
しかしながら、移転後3年が経ち、来院患者さんもスタッフも増え、診療業務もさらに煩雑になった事で、事務系の仕事は後回しになり進まない事が多くなりました。
そこで、院長とスタッフのお互いストレスを軽減するために、Mr.歯科事務長の導入に踏み切りました。
また、ゆくゆくは医院に事務局が必要になるかも知れないと考えたため、その時のお試しという意味合いもありました。

◆導入前に迷ったこと
思うように利用できるか?
何を頼んだら良いのか?
月2回で何が出来るのか?
どの程度、仕事が進むの?
意思の疎通はできるのか?
費用対効果はどうか?
など、いろいろと導入前には考えました。

◆導入後の感想
導入後は、費用対効果も考え最大限に活用したいと考えたため、事前に頼む事をピックアップするために考える時間が増えました。この面では以前より忙しくなったのかも知れません。
しかし、これは経営者として誰でもやらねばなら無い事ですか逆にありがたいことだと考えています。
今までなら「考えて終わり」、「思い出した時は既に遅い」という事も多くありましたが、今は、着実に確実に進んでいます。
自分で考える時間を増やし、訪問してもらう日数を増やして、事務長としっかり連携を取っていけば、さらにスピード感のある医院改革と成長を手にできることは間違いありません
スタッフも私も導入して本当に良かったと思っています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
今まで出来なかった事、後回しにしていた事が次々と完結していきます。
そして自分の右腕からもう一本腕が生えた感じですよ (笑)
それと契約の時に感じたのですが、必要なければいつでも解約できるとの事です。(※1カ月前に書面で申請)
最初から解約を視野に入れるのはどうかと思いますが、ある意味とても親切な契約内容だと思います。
試してみる価値はあると思います。

スタッフを事務長レベルに育てるのは難しいことです。でも、外部で頼めるのですから、迷わずMr歯科事務長に頼むべきと思います。

A歯科医院様
東京都八王子市開業
Mr.歯科事務長訪問回数 月4回

◆導入のきっかけや理由
デントネットを導入するときに紹介していただきました。 採用のことで困っていて、すぐに連絡をいたしました。

◆導入前に迷ったこと
全く迷いはなかったです。 自分たちではどうすることも出来なく、本当に困っていたときなので、何も迷うことなくお願いいたしました。

◆導入後の感想
救世主です。採用の際は、短時間で的確に対応していただき、応募も多く本当に嬉しかったです。以前はコンサルタントの方にもお願いしておりましたが、コンサルタントの方とは違い、一緒に取り組んでいただいている感があります。 歯科現場を経験されている方なので、実際の現場の立場から細かなアドバイスやスタッフともしっかり向き合って面談を行っていただけています。 困ったことは何でも相談させていただいています。どんなことを聞いても、丁寧に教えて下さいます。何を聞いても大丈夫と言う安心感から、精神的にも助かっています。

◆導入を検討している方へのアドバイス
規模が大きくなるに従って、院長がやるべき仕事に力を注げなくなります。そうなると事務長がいると助かると思いますが、スタッフを事務長レベルに育てるのは難しいことです。でも、外部で頼めるのですから、迷わずMr歯科事務長に頼むべきと思います。

実際にいただいた院長先生からの『よろこびの声・お褒めの言葉』

8月から開始した事務長サービス、本当に、やってよかったと思っております。事務長がいなかったら・・・と思うと、ゾッとします。

今後も、まだまだ医院の基礎的なシステム構築の面、環境整備の面、マーケティングの面で、協力していただきたいと思っております。橋本事務長には、いつも、多くの要望を伝えまくっておりますが、本当に丁寧な応対と、素早い行動で、感心しきりです。私ばかりでなく、スタッフも皆、事務長の仕事への姿勢や、丁寧な仕事の進め方に感心しております。(東京都 S先生)

歯科専門の経営コンサルタントが1年入っていましたが、Mr.歯科事務長を2ヵ月利用した時点で、すでに同じぐらい仕事が進んでいます(千葉県 T先生)

スタッフの採用が順調に進んだのも、Mr.歯科事務長のおかげです。

専任の事務長もいいと思いますが、わたしは外部の方だからこそ良いと思っています。内部の事務長の場合、結局、院長の配下ということでスタッフに見られますが、アウトソーシングだからこそ、客観的なアドバイスや情報として、スタッフの納得性も高まります。(東京都 I先生)

桑田佳祐は天才的なアーティストだが、譜面が書けない。譜面に落とし込む欠かせないパートナーが原ゆうこ。「僕にとって事務長は、『原坊的な存在』です。(東京都 A先生)

一時はどうなるかと思いましたが、当院がリニューアルできたのも、Mr.歯科事務長のおかげです!(東京都 T先生)

迷ったときや、弱気になっている時に事務長の言葉が心強い!(東京都 T先生)

滞っていた仕事が片付き出し、長年困っていた便秘がすっきりするような感覚です!(神奈川県 T先生)

過度に儲ける気は無いけど 明るく楽しく元気よく 仕事も余暇も充実させたい。
そんな中で Mr.歯科事務長さんに活躍頂いています。カユい所に手が届く、スタッフに聞きづらい事もワンクッション、お世話になっています。(こみや歯科医院 院長 古宮秀記様 http://www.wahaha.gr.jp/