banner_about

アウトソーシング歯科事務長サービスとは

単独医院では雇用が難しかった企業マネージャークラスのノウハウを複数医院でシェアすることにより、経営課題を効率的に解決していくための革新的なサービスです。

労働集約型の歯科医療は、院長が治療をして初めて収益が発生します。 時間のほとんどは、治療にあたることに費やされますが、仕組みづくりやマーケティング、情報共有やミーティング、人材の採用・教育など、実に幅広い役割をこなさなければなりません。 重要な仕事から雑用まで、順序も秩序もなく、毎日毎日、次々と業務が発生します。アウトソーシング歯科事務長は、院長がこなしているいくつもの経営事務機能を分担し、 業務をスピーディーに進め、院長の負担を軽減し、組織を活性化させます。

Mr.歯科事務長で最も貴重な時間を手に入れる

経営者としての仕事は1日20分?

医院の成長・発展のためには、第二領域(重要だが緊急度が低い)の仕事に手を打つ必要があります。
しかしある調査によると、社長が本当に「経営者のやるべき仕事」に使えるのは1日20分程度というデータがあります。
貴医院のボトルネックは、この「第二領域に取り組む、時間と人材がいない」ことではありませんか?

img_consultant_6
アウトソーシング歯科事務長サービス導入のメリット

歯科事務長導入で「もっとも貴重な資源である時間を買う」

アウトソーシング歯科事務長は、院長が常々取り組みたいと思っている課題を集中的に取り組み、医院の仕組みづくりを推し進めます。
優先度が高く、緊急度の低い中長期の経営目線や課題が「マトリックスの第二領域」です。ここに着手することこそ、院内の改善や経営向上の仕組みづくり、未来投資の時間にあたります。

graph-01

【 第二領域の仕事 】

  •  ホームページコンテンツの充実、サテライトページ作成
  •  医院紹介パンフレット、紹介カード作成
  •  患者さんプレゼン資料の作成・整理
  •  情報提供/コンサルの仕組みづくり
  •  定期来院の仕組み整備(予防クラブ、リコール管理の仕組み)
  •  職場環境の整備(整理・整頓・清潔・躾・安全)
  •  診療環境のデジタル化、システム化
  •  院内の情報共有の仕組みづくり
  •  スタッフ採用、教育、ミーティングの仕組み整備
  •  スタッフモチベーション管理・評価制度
  •  多業種との連携、営業代行
  •  囲い込みの仕組み(メール会員、院内新聞)
  •  院長がいなくても診療が回せる組織づくり
  •  数年先の目線や方針をじっくりと考える経営計画の策定

アウトソーシング歯科事務長の代表的な機能

function_2

 アウトソーシング歯科事務長の効果とメリット

  •  いままで滞っていた仕事が進みます
  •  院内の仕組みづくりが進みます
  •  問題解決までの時間が短縮できます
  •  精神的な安定と自信が得られます
  •  重要なことに使える時間が増えます
  •  煩わしい人事問題の調整で神経を使うことが減ります
  •  スタッフとのコミュニケーションが円滑化します
  •  臨床のスキルアップをするための時間を確保できます
  •  組織が活性化してきます
  •  その結果として収益が向上します
  •  家族との時間を増やすことができます
12552936

 Mr.歯科事務長のサービス哲学

① 孤独な経営者である院長が何でも相談できる、心強いサポーターです。

「新しくインセンティブ制度を取り入れてスタッフのモチベーションを上げようと思うけどどう思う?」 「今回面接に来た子に対する、現状スタッフの意見が〇〇だけど、採用した方がいいと思う?」 毎日毎日院長が行っている「経営判断」の積み重ねが、医院の成長や成功、停滞、危機を分ける決め手です。 だからこそ、『本当にこれでいいのか?』と人知れず迷っている院長も多いと思います。 Mr.歯科事務長は、院長の経営的な判断のキャッチボール相手となり、院長の判断に確信や、実行時点での留意点を示唆するなど、サポーター役を果たします。 孤独な経営者にとって、心強いパートナーを得ることは、経営を大きく推し進める力となるはずです。

five_reason_01

② 院長の思いや戦略を「具体化」するための頼もしい実務者です。

やったほうが良いことは分かっている。やらなければならないな~。など、一人であるが故に実行できていないことはありませんか?
Mr.歯科事務長が定期的に訪問することで「やってみるか!」という前向きな実行力が喚起されます。
しかも、忙しい院長に変わってその実務をサポートするので、院長はより重要な核心部分に集中したり、決裁を行うだけで、仕事が具体化していきます。
滞っていた仕事が、どんどん処理されていくという爽快感と経営的な価値は、費用以上に感じられるでしょう。

five_reason_02

③ 客観的な第三者として医院を評価するアドバイザー役です。

他の医院と比べて、強みは何か?改善点はどこなのか?という情報は、たいへん貴重な経営情報です。自分では「これ以上の工夫や努力すべき点が分からない!」という時に、他の事例を知ることで、ボトルネックの解消につながることはたくさんあります。 また、スタッフにとっても、他の医院を知っているMr.歯科事務長がいることは、客観的に自分たちの現在地を知ることが出来るため、「働き具合」や「取り組み方法」など、改善点に気づくことができます。

five_reason_03

④ 院長とスタッフのコミュニケーションをサポートする潤滑油です。

毎日一緒に働く近しい仲だからこそ、お互いに感謝を忘れ、厳しい批判をすることが多くなるものです。本来は同じ理想と目標を持って取組意識があっても、コミュニケーションのボタンを掛け違えてしまうと、プラスからゼロになるだけでなく、マイナスになることも。 Mr.歯科事務長が「半分は医院のメンバーとして、半分は外部の客観的な立場として」、院長の立場や考えをスタッフに伝えます。また反対に、スタッフ言い分の中に正当なものがあれば、院長にお伝えし、お互いの理解と距離を近づけるお手伝いをします。 人材は「成長するリソース」です。スタッフを大切に育て、経営目標に参画してもらうようにしていくことは、医院の成長や成功、繁栄に直結した取組です。

five_reason_04

⑤ 業界情報やノウハウ、人脈など新しい情報を得られる情報ソースです。

Mr.歯科事務長サービスを導入している医院様は、経営に対する取組意識が高い医院です。「成功している医院の旬の取組」や「新たに導入しているサービス」など、最新の現場情報とつながることになります。また、「レスポンスの良いホームページ業者は?」「SEOで結果を早く出してくれる業者は?」「安く名刺や印刷物をつくってくれる業者は?」など、他の医院で実績のある業者やサービスを熟知しているので、効率的に課題解決をしていくことが可能です。

five_reason_05

お断わりさせていただく場合がございます

  •  お手伝いをさせていただいても改善が期待できないと判断した場合
  •  敬意と節度を持ってお付き合いいただけないと判断した場合
  •  業務遂行にあたって、適切なご協力がいただけないと判断した場合
  •  倫理、道徳上の理由で当社の基準に合わないと判断した場合
  •  ご契約内容を履行いただけない場合

商圏内にすでにパートナー医院がいらっしゃる場合は院内業務に限ってお受けする場合があります。 (商圏はおよそ距離で500mです。徒歩で10分を目安とします)

院長の真のパートナーであるために
〜歯科事務長七訓〜

Mr.歯科事務長サービスは、雑用スタッフではなく、
歯科医院経営の課題解決に特化した役割を提供することを目的としています。
私達は以下の七つの心がけを持って、院長の真のパートナーを目指します。

  1. 院長の夢・目標実現のパートナーとなります。
  2. 理想の医院づくりを推進する頼れる実務者となります。
  3. 院長の良き相談相手となります。
  4. 院長とスタッフの橋渡しになります。
  5. スタッフにとっての頼れる上司・相談相手となります。
  6. 医院の個性を花開かせるプロデューサーとなります。
  7. 歯科界を豊かで魅力的な業界にすることを目指します。