our_mission_1

事業の目的

 Mr.歯科事務長の医院様へのお約束

私たちの原点は「顧客繁栄主義」です。私たちの第一目標はお客様の繁栄にあります。私たちは「真に価値あるサービスのみ」を提供します。私たちは歯科業界とともに発展繁栄します。歯科業界と医院様の発展繁栄こそ我々の事業の目的です。

ミッション

 歯科にマネジメントを

Mr.歯科事務長のミッションは、歯科の医療以外のあらゆる経営領域をサポートできる会社になることで、歯科業界の発展に貢献することです。

現在、事務長のアウトソーシングサービスをご提供させていただいておりますが、私たちの目指すところは「歯科の総合経営サポート企業」となり、医院様と業界に貢献することに志を持っています。

ビジョン

 100人の歯科事務長の輩出

一定のサービス品質を維持するために、人材採用と育成については時間とコストをかけています。このためお申込みにお応えできない場合があり大変心苦しい状況となっております。

あまねく全国の医院様のご要望にお応えするために、私たちは100人の事務長の輩出をビジョンとして掲げます。

 サービスご提供地域の拡大

サービスご提供地域の拡大も歯科業界への貢献の大事なお約束です。実現のためには優秀な事務長の確保が急務です。さらに私たちの企業努力により、一都三県以外の医院様に対しても、一都三県により近い価格でサービスをご提供できるよう体制を構築してまいります。

 事務長の養成ニーズへの貢献

一定の売上と組織規模を実現し、すでに専任の事務長を採用されている医院様への貢献として、Mr.歯科事務長による「事務長養成」も私たちのミッションであると考えております。豊富な企業経験を持つ、私たち事務長のナレッジを医院様の専任事務長にお伝えすることで、大規模医院様にも貢献させていただきたいと願っています。

 出版事業による経営思想・経営実務教材のご提供

私たちは歯科医院様に「物心ともに一生涯続く成功を実現していただきたい」と願っています。巷には「年商を1億にする方法」などのノウハウやスキルを教える教材は多くありますが「成功と幸福の両立を目指す経営思想」という教材は少ないようです。私たちの考える歯科医院様の成功とは「幸福感、充足感」をともなうものであって欲しいと願っており、出版物もこのポリシーに沿ったものをご提供してまいります。

私たちは「たとえ年商が1億を超えても、心はいつも焦燥感、不安に満ちている状態。家族との団欒のひと時でさえ、心ここにあらず。いつもスタッフ様との揉め事が絶えない」という状態は、本当の成功の姿であるとは考えません。院長様が幸福感と充足感を持ってこそ、それがスタッフ様にも伝播し、スタッフ様から患者様、ひいては地域に伝播してゆき、それがまた医院様と院長様にフィードバックされるものです。感情というものは伝播します。イライラしている人のそばにいれば自分もイライラしてくるものであり、充足感を持っている人のそばにいれば、その充足感は徐々に周囲に伝わってゆきます。

私たちはこの出版事業を通して歯科医院様に「成功と幸福の両立を目指す経営思想」をご提供し、患者様と地域社会へも貢献したいと考えております。この事業は、歯科業界の発展に必要な、私たちのなすべき貢献であると考えております。

 あらゆる歯科経営ニーズへの挑戦

Mr.歯科事務長のミッションは、歯科の医療以外のあらゆる経営領域をサポートできる会社になることです。経営領域には多くの機能があり、医院様においては、社労士、税理士、コンサルタント、材料会社、機器メーカー、IT関連業者、増改築、不動産、広告関連など様々なノウハウが必要です。私たちはこれらをワンストップでご提供することで医院様のHUBとなり、煩雑な処理や交渉・判断にかかる時間などの負担を軽減したいというビジョンを持っております。すでに一部、社労士やコンサルタントとの業務提携を開始しておりますが、これらを医院様のニーズにあわせて改善してゆき、サービスとして「快適」と感じていただけるレベルに高めてゆきたいと考えています。

院長の「未来ビジョン実現」のパートナーとして。
 
歯科医院をとりまく経営環境は年々厳しいものになっています。各種データが示す通り、いま経営主体としての歯科医院には、以下のようなことが起きています。
  •  売り物(技術)の値段が下がっている(治療に対する保険点数の減少)
  •  患者様の数が減っている(人口の減少)
  •  虫歯が減っている(顕在的なニーズの減少)
  •  歯医者が増えている(競合との顧客の奪い合い)
  •  患者様への対応に手間ひまがかかる(サービスの要求レベルが高い)
  •  設備投資にお金がかかる(機器の高度化による設備投資額増)

そして、他の業界と同じように二極化が進行しています。
業績を伸ばしている医院とジリ貧になる医院の差は開くばかりです。
かつては保険制度の中で安定して事業継続できていた歯科医院にも、より鮮明に市場原理が働きはじめ「経営」という手法が必要になってきました。
しかし、歯科医院には以下のような業態特性があり、経営者である院長が効果的に経営を行なっていくには、個人的な資質に負うところも多く、さらには時間や負担がかかりすぎるという傾向があります。

  •  大学では経営や組織管理を学ぶ機会がないため効果的な対策が打てない
  •  もともと臨床、技術への志や興味があるが経営や組織管理が苦手である
  •  院長自身の診療行為がサービスの中心ため経営的な時間確保が難しい
  •  経営管理や組織管理など、仕事レベルの高いスタッフの確保が難しい(女性スタッフが中心、高い報酬を払えない)

これらの課題を解決するために、我々は志も情熱もある院長の夢に近づいていくパートナーとしてマネジメント部門をサポートする「アウトソーシング事務長サービス」を提案したいのです。
歯科業界に「経営マインドと実務」を啓蒙、普及していくこと。その結果として、業界を豊かで魅力的にすることが、我々のミッションであると考えています。